陽子のクラスに東京から疎開してきた倉田杏子(大出菜々子)が
今日の主役です。

黒板に家族4人の絵を描きました。すごく上手です。
杏子の妹がまた、かわいい。

誰かの気配を感じて、慌てて消す杏子。

やって来たのは中村先生(ピエール瀧)でした。

隠れようとする杏子が陽子を発見。
陽子と一緒に隠れました。

「まったく、師範学校出の教師は口ばっかりで・・・」

黒板の汚れを拭きながら、陽子の悪口を言う中村先生。

陽子はこっそり、アカンベーをします。

陽子はふと思い立ち、杏子姉妹を須藤家に連れて行きました。

「わあ、広ーい」大喜びする杏子の妹。

杏子の東京での担任から手紙をもらったこと、明るく楽しい子
だったことを伝えました。

お父さんは入院しているし、お母さんは看病。みんな辛いのに
私だけ笑うわけにはいかない。

杏子はかたくなです。

疎開先の家に行くと、おばさんに最近手紙が来ないと言われます。

「東京に行きたい」

杏子は強く思いました。

陽子が松本の丸山の家に帰ろうとすると配給のおばさん(吉村美子)が
陽子に学校から電話だと引き止めます。

このおばさん、この町内の役員さんなんでしょうか。電話はあるし、
配給はするし。

杏子がいなくなった

学校からの知らせで有明山国民学校の職員室に駆けつけると
夏子先生(伊藤歩)や中村先生、校長先生と全員が集合していました。

これは、陽子先生、怒られるかなと思ったらそうでもなく、本気で
探そうとしている先生たち。

「そうだ」

陽子はひらめきました。

案の定、須藤家の縁側に杏子姉妹がポツンと座っていました。

「もう東京についたの」

妹が眠りから覚めました。

あくる日の授業。習字です。

必勝と書く子供たち。

杏子のとなりには妹がちょこんと座っています。

授業が終わると男の子が杏子に話しかけました。

「東京にいたなら、上野動物園に行ったことあるか?」

「ある」

「ゾウはみたか?」

「みた」

「うちの姉ちゃんがゾウをみたって絵を描いてくれたんだけど
下手くそでよくわからん」

絵を見ると、まるでロボットのようなゾウでした。

杏子はわら半紙を出すと、筆でさらさらとゾウを描きはじめました。

教室のみんなが注目です。

出来上がりを見て、喜ぶみんな。上手です。

杏子に笑顔が戻りました。

その笑顔を見て、陽子がうれしそうです。

出演:井上真央,伊藤歩,綾田俊樹,ピエール瀧,ダンカン,吉村実子,大出菜々子

さて、来週の予告です。

空襲を受けて逃げまわる陽子たち。

そして、東京は大空襲のようです。

育子が怪我をしました。杏子の両親は・・・・

東京大空襲・・・

【送料無料】東京大空襲

【送料無料】東京大空襲
価格:1,200円(税込、送料別)


今日、新聞広告を見たら、堺屋太一さんが、幕末、終戦、今回の震災の3つを
日本の敗戦という本のタイトルにしています。
【送料無料】第三の敗戦

【送料無料】第三の敗戦
価格:1,575円(税込、送料別)


一方、アマゾンの第1位は伊集院静氏でした。
大人の流儀
大人の流儀 伊集院 静

講談社 2011-03-19
売り上げランキング : 55

Amazonで詳しく見るby G-Tools
いねむり先生 作家の遊び方 男の作法 (新潮文庫) 乳房 (文春文庫) うらおもて人生録 (新潮文庫)

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に