真知子(マイコ)が丸庵の前に立っています。

喪服ですが、洋服です。顔には黒いベールが。
向かいのお姉さん(白川由美)が驚いて見ています。

丸庵に入ると徳子(樋口可南子)と道夫(串田和美)が
びっくり。急いで陽子(井上真央)を呼びました。

陽子は真知子を2階に上げます。部屋で話しを聞きます。

真知子の婚約者、西川が死んだ、これから葬儀に行く。
そんな話をしたあと・・・

「私は悪魔だわ。心の隅で、婚約者が死んだから私は自由だと
思っている」

涙は出ないという真知子。陽子はそんな真知子を悪魔じゃない
と言って抱きしめます。

春樹(田中圭)の手紙の事は言えなかった陽子。

ふたりが2階から下りてくると道夫と徳子が袋に入った
お菓子を手にしていました。

「魔法のお菓子だ。これを食べればイヤな事は吹っ飛ぶ」

小麦粉を丸めて揚げて砂糖をまぶしたもののようです。
ドーナツの真ん中みたいです。

真知子の口へ、陽子の口へ放り込むと、ふたりとも笑顔に
なりました。

「駅まで送って行くわ」

真知子のかばんを持ち、手を引く陽子。大人らしいですね。

その頃、名古屋の食堂に相馬剛三(平泉成)と良一(寺脇康文)
がいました。春樹と食事をした店です。酒を飲む相馬剛三。

わざわざ良一に会いに名古屋まで来たようです。客がいなくなると
良一の耳のそっとささやきました。

「この戦争は負ける。お前も準備しておけ」

良一の顔色が変わり、剛三の胸をつかみ怒鳴りつけました。

「それが分かっているなら、今すぐ戦争をやめさせろ。
ふたりの息子を戦地に送っているんだ、俺は!」

泣きながら叫ぶ良一と、謝る剛三。剛三の胸で泣く良一。

現代の陽子のシーンに変わりました。

原口さんこと斉藤由貴が語りの若尾文子に向かって、
その頃に生きてみたかったと言います。

陽子は自分の語りに感動したからでしょ、そう言って
魔法のお菓子をご馳走する陽子ばあさん。

すると伊東あゆみが店に入ってきました。

「あら、杏子さん」

陽子の教え子、いいえ、これから教え子になる子です。

昭和19年春。新学期を迎え、陽子は新しい生徒の担任に
なりました。

東京から疎開してきた倉田杏子は歌を歌えずうつむいています。

この子が現代の伊東ゆかりさん。

番組が終わると、石ちゃんこと石塚英彦さんのアップに
なりました。

「魔法のお菓子が食べたい!」

楽天スイーツで、魔法のお菓子を探してみる

楽天スイーツランキング1位はコレでした。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメント

  • 現代版’陽子’と’房子’の会話は不要と思います
    15分間しかないドラマなのにしょうもない会話に時間を取られるのは迷惑です
    見る気が失せてきて週末のダイジェストでいいかって思っています


    2011年6月17日 7:39 PM | 寺脇まゆみ

  • 寺脇さん

    コメントありがとうございます。

    そうですね。賛否両論あるようです。
    若尾文子さんのファンの方は見たいらしいですね。
    斉藤由貴さんのファンは、おばさん役にがっかりとの事。

    伊東ゆかりさんとか犬塚弘さんが現代でも陽子の
    そばにいて、生きているという事で、視聴者の
    関心を引いているのでしょうか。


    2011年6月18日 9:51 AM | 連ドラファン

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に