名古屋大学の講堂でしょうか。

春樹(田中圭)と茂樹(永山絢斗)がふたりきりに
なりました。

茂樹「どんな医者になるんだ」

春樹「安曇野に帰って村に病院を開くよ」

茂樹「須藤医院か。その頃兄貴は結婚して、子供も
いたりして・・・・

陽子は・・・嫁に行くのか。でも、近くで
暮らせばいい」

春樹「お前も近所で暮らせよ。お前は今どこにいるんだ」

茂樹「言えない。軍事機密だから」

春樹「シゲ、大丈夫か・

茂樹「何回も飛んだ。予科練の仲間と友達になって仲間が
たくさんできた。
でも、たくさんの仲間を失った。
オレはやつらを誇りに思う。だから戦う」

春樹が茂樹を見つめて泣いてしまいます。茂樹は無言です。

春樹と茂樹のこの会話、すごく泣けます。

茂樹「子供のころ、お母さんの実家に行くのを引き止めて
くれて、ありがとう。おかげで楽しかった。
須藤家にいれて楽しかった」

春樹「やめろ、シゲ、怒るぞ」

茂樹「そろそろ行かないと」

ふたりは固く握手をして別れますが、別れ際に茂樹が

「春兄ちゃん、太陽の陽子の顔を見てくるよ」

こう言い残して立ち去りました。

「シゲ、死ぬな、死ぬなよ・・・・・」

春樹に伝えたいことを全部伝えた茂樹。

有明山国民学校の正門をくぐり、職員室に堂々と入っていく
茂樹。

陽子(井上真央)は音楽の授業をしています。

今日は「われは海の子」の合唱です。

茂樹は校長の机の前に立ち、自己紹介をします。

「海軍上等飛行兵曹、須藤茂樹です」

校長が、ご苦労さまですと言って敬礼します。

それを聞いた中村先生(ピエール瀧)立ちも驚いて立ち上がり
ご苦労様ですと言って最敬礼をします。

茂樹は夏子先生(伊藤歩)を覚えていて、担任ではなかったけどお世話に
なったと礼を言います。

そして、校長先生の耳元で茂樹は何かをお願いしていました。

夏子先生が陽子の教室、六年白組に茂樹を連れていきます。
初任は4年白組でしたが、2年経ったんですね。

茂樹は茶目っ気をだして、教室の戸を少しだけ開けて陽子の先生ぶりを
覗いています。

子供たちに気づかれてしまい、教室に堂々と入る茂樹。

制服を見て、ケイスケが言います。

「その制服は海軍ではありませんか、握手してもらえませんか」
【送料無料】あこがれの予科練

【送料無料】あこがれの予科練
価格:2,625円(税込、送料別)


兵隊さんが憧れだった時代。上等兵はかっこ良かったのでしょう。

楽天市場で「特攻隊」の関連商品について調べてみる>>

子供たちが茂樹を囲みます。茂樹はニコニコと握手をします。

以前、茂樹兄さんの笑顔を見ることはなかったと、予科練研修所に
見送るシーンで語っていましたが、今日の茂樹の笑顔はとても
いい顔です。

陽子にすすめられ、教壇に立つ茂樹。何かひとことと言われました。

「日本は必ず勝つ。俺にまかせとけ!君たちは体を鍛えておけ!」

堂々と演説を打ったあと、陽子の子供の頃の話をすると言い出します。

陽子は慌てて茂樹の口を塞ごうとしますが、茂樹は

「陽子先生は、実は、8歳まで・・・・」

楽しそうなひとときですが、この後、茂樹はどうなるのでしょうか。

出演:井上真央,永山絢斗,伊藤歩,田中圭,ピエール瀧


昨日の「スタジオパークからこんにちは」に永山絢斗が出演していましたね。

瑛太にそっくりだなあと思いながら見ていました。

寺脇康文が「しっかりしゃべってください」と言っていましたが、番組では
けっこう、おしゃべりのようでした。


役者デビューは「おじいさん先生」です。ピエール瀧との共演です。


「お前のデビュー作は、おじいさん先生なんだからな」とピエール瀧に
今でも言われているそうです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に