夏子先生

現代の陽子と房子。

アルバムを開いて見る房子。

セピア色の写真・・・・

その写真は、和成と陽子と日向子が写っています。

昭和22年の写真です。

房子は、その写真を見て、誰も笑っていないと言います。

昭和22年はいろんな事があった年だわ・・・・

昭和22年

有明山小学校の教室です。

萩原校長を待つ陽子。

校長がやって来ました。陽子とふたりきりで話を始めます。

これまでの自分の生き方を話します。
貧しくとも教育が受けられるよう改革するべきだ。
大変な仕事だ、優秀な教師が必要だ、子どもの学力向上が第一だ!

4月から新しい教師を招く事にしたので、陽子か夏子のどちらかに
辞めて欲しいと言います。

まだ、夏子先生には言っていない、陽子に先に話していると言います。

そして

「あなたは、自分の子どもより生徒を優先することができますか」

返事は後でもらうと言って、教室を出て行きました。

陽子は茫然自失です。

廊下を歩いていると夏子先生に出会いました。

夏子 「顔色が悪いわね」

陽子 「大丈夫です、日向子を迎えに行きます」

陽子が帰りに村上堂に寄ると、真知子がいました。

真知子「陽子さん、疲れているようだけど大丈夫?」

陽子 「大丈夫よ」

陽子と真知子は仕事の話しをします。
真知子は、働くことが好きといいます。陽子を尊敬をしていると言います。
陽子は働く女性の模範という真知子。

陽子は今日の出来事を真知子に話したかったのですが、話せないで
いました。

数日後です。

2階の寝室

和成にはまだ話をしていないようです。二人、いや三人でいました。
ふと、陽子が日向子を出すと、様子がおかしいです。

陽子 「熱がある!」

陽子たちは徳子と道夫に知らせ、徳子が日向子をだくと高熱を感じました。
急いで病院にかけつける和成と日向子。

ドンドンドンドンと医院のドアを叩く和成。

医師の診断は、肺炎でした。

あの頃は肺炎で子どもが簡単に亡くなる時代。
医師は、陽子たちに覚悟しておくようにいいました。

学校を辞めなさいと言われたり、日向子が瀕死の目にあったり・・・

昭和22年がつらい時期だったことがわかりました。この後は・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,白川由美
渡辺えり,斉木しげる,矢島健一,寺脇康文,永山絢斗,マイコ,
伊藤歩,斉藤由貴

ここ数日涼しくないですか。
夕べはぐっすり眠れました。

今朝の朝食で、サラダを作ろうと思ったら、おひさまを見た後に
ZIPのモコズキッチンでサラダを作っていました。

美味しそうでしたね、コツは、サラダの水を切ることみたいです。
こんなグッズを使っていました。

オレンジを絞ってドレッシング代わりにするなんて夏らしいですよね。



現代

陽子と房子が、子育てについて話をしています。
房子はひとりで子育てをしたと言います。

陽子 「えらいわ、房子さん。日向子は何人もおかあさんがいて
    何人もおばあさんがいる、とてもひとりではそだてられな
    かったわ」

そう語る若尾文子さんです。

丸山家の朝

徳子がひなちゃんをおぶっています。
陽子はこれから学校へ再び出勤です。

産休休暇は終わって、出勤するのですが
陽子の大変さは通勤だけではなかったようです。

校長先生に挨拶をして、昼休みに時間をもらうことも
許しをもらいました。

相変わらず無愛想な校長です。

久々の授業に緊張する陽子です。
夏子先生が陽子のお尻を叩きます。妊娠中思い切り叩けなかった分も
含めて思い切り。

夏子 「陽子先生のこと、子どもたちも忘れているかもね」

陽子は緊張しながら、教室に入りました。

起立、礼、着席!

すると、子ども達が調子をあわせて

「サン、シ、陽子先生!おかえりなさい!」

といっせいに歓迎の声。

ほっとする陽子でした。

さて、昼休みになりました。陽子は宿直室の外に立っています。
夏子先生は、何だろうという顔で見ています。

そこに現れたのは和成でした。ひなちゃんを背負ってどてらを着て
学校にはるばるやって来たのです。

陽子は和成に礼を言うと、そそくさと宿直室にはいりました。

授乳です。

陽子 「お腹空かせてごめんね」

ブラウスの襟を開いて、授乳です。

和成と夏子は初対面でした。挨拶をするふたりです。
夏子先生は、中に入らせて欲しいと言います。

夏子 「かわいい」

日向子と夏子先生も初対面です。

和成が日向子を連れて帰ろうとすると、ゲップが出切るまで待ってと
いう陽子。

ひなちゃんかわいいです。

丸庵

徳子と節子がまたまたおしゃべりです。
和成も仕事があるのですが、昼に安曇野の学校に汽車で行く時間を
工場長にもらうために、工場に早出したり、残業したりしています。

徳子 「私が乳をあげられればいいんだけど」

節子 「胸なら私の方が大きいわよ」

道夫が目を白黒させています。

和成が、日向子を連れて、学校に通う日が続きました。

学校から日向子を連れて丸庵に帰るとさすがに疲れた様子の
和成。

道夫が水を出すといっきに飲み干しました。


夫婦の部屋

陽子は和成に負担をかけさせて申しわけないと思っています。
そんな陽子が和成に話をしはじめました。

陽子 「やっぱり無理だと思うんです。これ以上、カズさんにあんな思い
    をさせたくない。妻として申しわけない・・・・」


和成の顔が急変しました。

和成 「ふざけるな」

陽子 「え?」

和成 「ふざけるな!」

陽子は和成が怒るところを始めてみました。

怒った顔が怖い和成。高良健吾の目付きが鋭いと思いました。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,
   渡辺美佐子,斉藤由貴,伊藤歩,矢島健一


昔は粉ミルクがなかったんでしょうか、大変ですよね。
仕事をしながら子育てをするという陽子と和成。

次は離乳食ですよね。

友人のママはコレを使って便利だと言っています。


現代は便利ですよね。



丸庵の店内

道夫が帰ってきました。久しぶりの登場です。

変えるやいなや、リュックから蕎麦を取り出しました。
もりあがる皆。

そこへ、茂樹がやってきて

「丸庵のお蕎麦、食べたかったんです!」

「誰だい、あんた」

「陽子の兄です」

初対面だったんですね。

さっそく、道夫が蕎麦を打って、皆にごちそうします。
真知子や育子、茂樹もトクしましたね。

茂樹 「蕎麦、大好きです」

道夫 「あんた、蕎麦好きかい」

茂樹 「うどんも好きですけど」

黙ってしまう、道夫。


茂樹と育子が帰ることになりました。

育子は茂樹を送って行くというのです。まるで育子のおもちゃの
ようだと言われます。


翌日、富士子、節子、徳子たちが山のようにおしめを縫っています。
見ると、たくさんあるように見えるのですが、まだまだ足りないと
いうみんな。

いよいよ臨月です。

有明山小学校も、明日からお休みです。

校長から、産休を長くとれば、そのまま辞めちゃえばみたいな
目線で嫌味を言われます。

陽子 「私なら大丈夫です」

きっぱりという陽子。母は強しですね。

夏子先生としばらくお別れです。お尻を叩くのもそっとです。

授業です。

読み方が変わるのです。
「れんしふ」 が 「れんしゅう」になるのです。
旧仮名づかいが現代に直る様子です。

壁の張り紙、「いつも笑顔で元気よく」と書いてあります。
相変わらず子どもたちの服は粗末で、汚れています。

陽子が教室で、お休みの事をみんなに伝えます。

「代わりで来てくれる先生の言う事をよく聞いてね、わかりましたか」

そして

「先生の事も忘れないでね」

という陽子先生。

お腹の赤ちゃんの話がしたいと言い出す子どもたち。
順序良く並んで、陽子のお腹に何か言っています。

夏子先生まで並んでいます。一度言った子も並び直しています。

陽子 「じゃあ、2回までね」

お腹の中の子は幸せだなあ、こんなに話しかけられて、頑張らないと
そう思う陽子でした。


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,渡辺美佐子,
   満島ひかり,マイコ,永山絢斗,串田和美,白川由美,吉村実子,
   伊藤歩,矢島健一

クールグッズをまた見つけました。
皆さんも知っているチリーパッド。


大きめのフェイスタオルサイズが、2本入っている価格です。

最大4時間も長続きするというので、寝る前に使って安眠したいと思います。


« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に