丸山徳子

今日はいよいよ最終回。

観る前にいろいろと想像しました。
平原綾香の歌はあるだろうなあと思っていたのですが・・・

「食べておくりや」

タケオが百白花の厨房に野菜をどっさり持って来ました。

明日はいよいよ日向子の入学式。

陽子は、徳子に日向子の入学式に一緒に行きましょうと誘います。

徳子の子、マサコは入学前に亡くなったそうです。
陽子は気遣って一緒に行こうといいます。

徳子は、和成と行っといでと言います。
ここで見送るという徳子。こんな幸せはないと言います。

入学祝いに人々が集まり始めました。
店は休みです。

そこへ真知子が子供を抱いて遊びにきました。
ミノル君です。

育子も交えて、2階で白紙同盟のガールズトーク?です。
育子はテレビ番組を持つことになったそうです。

音楽の担当が、なんとオクトパス。飯田小太郎でした。
育子をナンパしようとしたようです。

飯田 「かわいいチャンネー、ルービでも飲まない?」

陽子 「いいですよ、オクトパスこと飯田小太郎さん!」

驚くオクトパス。そんな話題で大盛り上がりをしていると
良一と茂樹がやってきました。

茂樹 「大声が外まで聞こえるよ」

そして、富士子と神蔵もやって来ました。
富士子は、日向子にお祝いを持って来ました。

富士子「私のこと、覚えていないわよね、赤ちゃんだったから」

日向子「覚えています。写真をよく見ていますから」

富士子はとても喜びます。

富士子「私からの入学祝いです」

箱を渡しました。箱を開けるとその中はセーラー服でした。

富士子「それでは帰ります」

徳子、道夫、和成が咳ばらいをします。
あの作戦ですね。今回はどこが痛くなるのか見ていると神蔵は・・・

神蔵 「急に足が・・・・痛た・・・・」

富士子「しょうがありません。もうしばらくいることにしまよう」

お約束の一部始終ですね。

これで、全員集合でしょうか。明日は入学式なので、みんな
百白花に泊まったのでしょうね。

あくる日の朝、百白花の前に勢ぞろいする登場人物。
日向子の入学式を見送ります。

「行ってまいりまーす」

和成はスーツ、陽子は和服、日向子はセーラー服です。

これで、おひさまの物語は終わり。
でも、その後の登場人物が気になるなあと思っていると
陽子(若尾文子)のナレーションで解説がありました。

日向子は東京で結婚して、東京で暮らしているそうです。
結局、陽子の子供はひとりだったということですね。

和成は今でも年の2/3は多治見に行って焼き物を焼いているそうです。

真知子は旦那さんと念願の会社を作ることができました。

育子は、世界を飛び回る番組を担当するようになったそうです。

茂兄ちゃんは、なんと日向子を同じ年に大学生になり、須藤医院を開きました。
そして、育子と結婚。
いったいいくつで合格したんでしょうね。育子も晩婚になっちゃいましたね。

みなそれぞれに幸せだったんじゃないかしら。という陽子。

学生時代の夢をそれぞれかなえることが出来たようですね。

徳子、道夫、良一そして富士子はいくつまで生きたのかも気になります。
タケオや杏子のその後も・・・

現代

陽子と房子の話もこれで終わりのようです。房子を迎えに旦那さんがきました。

陽子 「原口さん、房子さんをよろしくお願いしますね」

原口 「はい」

陽子 「楽しかったわ」

房子 「こちらこそ」

陽子 「またいらっしゃい。心に太陽を!」

すると、房子の目の前に現れたサプライズ!

現代の育子と真知子です。白紙同盟揃い踏みです。
育子は黒柳徹子さん、真知子は司葉子さんでした。

黒柳徹子さんは真知子ですと名乗り、司葉子さんは育子ですと名乗りました。

えー!と驚く房子は、逆でしょうと言います。やっぱり逆でした。
なるほど、キャラどおりですね。

真知子はもっと背が高くてもよいかなあと思いましたが
上品さはそのまま?育子こと黒柳徹子さんは相変わらずしゃべりまくりです。

白紙同盟を見た房子が叫びました。

房子 「女性たちよ!」

白紙同盟 「よき人生を!」

白紙同盟の3人は、だれが最初にあの世に行くとか最後は誰とかいう
話をしています。全員2番目がいいといいはります。

陽子 「じゃあ、3人でずっと生きていましょうか」

白紙同盟 「決定!」

昭和に戻ります。

日向子の入学から数年後、陽子は亡き母紘子と同じ歳になりました。

テラスに出て、太陽を見る陽子。

「おかあさん、おはよう!」


           お わ り


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子,串田和美,井上琳水,平泉成
   金澤美穂,斉藤由貴,阿南健治,串田和美,満島ひかり,永山絢斗,マイコ,柄本時生
   近藤芳正,渡辺美佐子,黒柳徹子,司葉子



おひさま、面白かったですね。
東日本大震災のあと、この番組を見て、なんども元気をもらいました。

戦時中のシーンと被災地の復興のシーンがだぶりました。
人は強いと感じました。

女性が長生きなのは、女同士の団結力なのかなあと思いました。

戦前、戦中、戦後、そして高度経済成長期を経て、現代。

女性の一生を語る若尾文子さんと、演じる井上真央さんの演出は良かったと
思います。

初恋、恋愛、結婚、出産、育児という女性の一生を描きながら、
愛しい人の死、特に母紘子の死、兄春樹の死を受け止め、乗り越えるシーンは
とても胸を打ちました。

徳子と陽子の組み合わせも抜群で、樋口可南子の演技力と艶っぽさが井上真央と
競い合っていたような気がします。

おひさまのDVD、CD、本、楽譜などを集めてみました。
音楽もとても良かったです。

¥11810
¥12608
¥14763
¥1050
¥3000
¥1365
¥1365
¥735
¥4889






日向子が2階に寝かされています。
すやすやと寝ている日向子。
お医者さんに右腕に包帯を巻かれて手当をしてもらいました。

陽子は茫然自失。

陽子 「どうしよう、どうしよう私・・・」

和成 「大丈夫、大丈夫だから、陽子」

和成が陽子を慰めますが、陽子は泣きながらあの時に戻りたいとつぶやきます。

陽子はぼうっとしながら台所に行きました。
そして、鍋に水を張り、グラグラと煮立てています。

日向子が手伝いをする時に、鍋をどけてあげればこんなことにならなかったのに。

そう思いながら、陽子は右手を鍋に入れようとします。
その寸前に和成に止められました。

和成 「何をするんだ、今やれることは日向子が少しでも
    良くなるように願うことじゃないか」

和成は自分が小さい頃に包丁で怪我をした話を言います。
後ろで徳子が聞いています。

徳子は怪我をしたときにずっとそばにいてくれた。
悲しい顔をしないでくれた。

翌日、テラスで杏子と日向子が遊んでいます。
日向子の手には包帯が巻かれています。

陽子は笑顔になれません。でも、日向子が駆け寄ってきて大丈夫と言って、陽子を励まします。

そこへ真知子が遊びにやってきました。
真知子は、妊娠の知らせに来たようです。旦那さんよりも先に知らせに来たそうです。

陽子は真知子に向かって先輩風を吹かせます。
大変なことがイッパイあるけど、幸せもイッパイあると。
そう言って、真知子のお腹をなでました。

昭和28年春になりました。

陽子の打った蕎麦がようやく店に出るようになりました。
百白花では3年ぐらい修行したことになるでしょうか。

日向子は6歳になりました。曽我美月ちゃんです。
テキパキと注文をとっています。

ユキが蕎麦を食べにきました。
陽子の打った蕎麦を褒めます。

そして、相馬剛三と良一もやって来ました。
真知子の子供、つまり、孫の話です。

最新式?の自転車を買ってやったけれど突っ返されたと笑っています

そして、町長選の2期目の話をします。トンデモない対立候補が出てきた、なんと女のくせにと話しはじめます。

そのとんでもないヤツとは、なんと夏川ユキでした。

ユキ 「それは私です。私は安曇野を変えます!」

ユキのパワーはとどまることを知りませんね。実業家であり政治家を目指す。昭和28年頃にはこういう動きがあったんでしょうね。

日向子は良一に向かって「おじいちゃん」と言います。
6歳の日向子は元気イッパイでかわいいです。
でも、明日で最終回なんですよね。

カヨが走って百白花に駆け込んできました。
風呂敷包みを持ってきました。
中身は、真っ赤なランドセルです。

6歳の日向子は真っ赤なランドセルを背負って大はしゃぎです。
いよいよ小学生なんですね。




安曇野のおばあちゃんこと、村上堂のカヨも目をうるませながら喜んでいます。

赤ちゃんの頃、陽子が学校の先生をしていた頃、村上堂に預かったもらったんですよね、みんなの手で大きくなった日向子。

日向子がおひさまの主人公なのかもしれませんね。

最終回へ続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子
   串田和美,井上琳水,平泉成,金澤美穂,マイコ,平泉成
   渡辺えり,橋本真実,曽我美月

明日で最終回ですね、おひさま。

震災後は、戦時中のシーンから立ち直る様子を見て元気をもらいました。
明日の放送は、きっと入学式に全員が集まるというストーリーのようです。

でも、現代の房子の目の前にある人が現れるというので、サプライズがあると思います。

絶対見ます。

で、見たあとに実は、友人たちとハイキングに行く予定なんです。
車で途中まで言って、低い山ですが、ちょっと登ってお弁当を食べる計画です。

服をいろいろと探しているんですけど、山ガールじゃない私はあまり服を持っていません。




山スカートってあるんですね。

★楽天市場「アウトドア レディースファッション」★

山ガールをめざそうかな♫

徳子が姉と慕っていた宮澤節子。
火事で離れ離れになっていました。
なぜ、松本にいたのでしょうか。

徳子 「お姉ちゃん、なぜ、松本にいたの」

話しをはぐらかす節子。

節子 「つまんねえのよ。周りは固い人ばかりでねえ」

徳子 「それで家出してきたんだ」

節子 「ちゃんと言って来たよ」

徳子 「遠慮しないでよ」

節子と徳子のやりとりがはじまりました。
和成と陽子は、こういう話しがしたかったんでしょとからかいます。

縁側で夜空を眺める4人。節子と徳子と和成と陽子です。
そこへ、道夫が帰って来ました。

蕎麦畑から帰ってきたようです。

道夫は、丸庵に来たばっかりの頃の話しを始めました。
寂しいことや、おっかないオヤジさんのこと、そして特上の蕎麦を
食べさせてもらったこと。

丸庵を継げと言われたこと、その蕎麦の味が上手かったこと。
嬉しくて泣いてしまった。その時、命をかけて仕事をやると誓った。

三男坊だったんで畑を継ぐことは許されなかった、でも何かのめぐり合わせで
畑を持つことができた。

節子 「頑張ったわね、くりくり坊主が!」

和成 「お母さんとは?」

道夫は徳子のことを、キラキラキラ可愛くて眩しかった。
徳子が、「ねえねえ知ってる?私、道夫さんのお嫁さんになるんだ」

道夫は飛び上がるほど嬉しかった。
畑を持って幸せだと言います。

節子は翌日、浜松へ帰りました。

須藤家

良一の様子を見に来た陽子。
良一は、着物を来ています。

良一 「東京へ行ってこようと思う。やり残したことがある。
    僕たちはかけおち同然だった。お祖父様にちゃんと謝って来ようと思う」

良一は、富士子に提案しようと言います。安曇野でひ孫や孫と一緒に暮らさないか。
そう言うつもりだと言います。

もう切符も買ってあるそうです。

良一は、その後、東京へ行き、フランス料理をご馳走になったそうですが
提案はやっぱり断られたそうです。

百白花

日向子が豆をむいて手伝いをしています。
陽子はじゃがいもを向いています。

日向子「もっとお手伝いしたい」

陽子 「じゃあ、お豆をとってきて」

日向子が厨房に行って、豆の束を引っ張りました。
すると、となりには熱々の鍋がありました。

「ギャー!!!!!」

日向子に鍋が・・・・・

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,白川由美,串田和美


BSプレミアムでドラマを見ていますが、終わると、火野正平さんのぶらり一人旅が放送されます。

今日は城崎だそうです。




行ってみたいですねー。城崎温泉。

« Older Entries
ページ上部に