有明山小学校

日向子が肺炎を起こして苦しんでいます。

この時代は、肺炎で命を落とす赤ちゃんがとても多かったとの事です。

徳子も節子も安子もみんな心配しています。

看病をする陽子と、陽子を見守る和成。

陽子の頭をよぎるのは、萩原校長先生の言葉です。

「自分の子供より、生徒を優先できますか」

日向子の容態はなかなか良くなりません。

陽子は学校を休んで看病することにしました。

自分の子供の看病のために学校を休む。

夏子先生は、陽子が休んでしまってとても心配そうです。

肺炎で死ぬかも知れない、陽子の判断は間違っていないと
思います。

徳子も心配でしょうがありません。

ふと、何かを思い出して家の奥に何かを取りに行きました。
持ち帰ってきたものは、なんと大きな羽子板のようなものです。

節子が「ああ、お雛様ね」と言います。

ええ、これがお雛様?

昔のお雛様はこういう形だったんですね。
徳子が亡くした娘のものだったのでしょうか。

女の人たちは、ひな祭りにはまだ早いけど、日向子の無事を祈って
雛飾りをしようと言い出します。

陽子が二階から降りてくると、雛飾りが揃っていてびっくりしました。

日向子の看病を続ける陽子。

陽子はいつの間にか寝てしまいました。

すると夢を見ました。

母の紘子と陽子と日向子の3人が須藤家の縁側にいるようです。

紘子 「日向子か、いい名前ねえ」

陽子は、紘子に向かって日向子を抱っこして欲しいとお願いします。

紘子は、クビを横に振ります。

陽子 「どうして、どうして抱いてくれないの」

紘子は微笑みながら、クビを横に振ります。抱こうとはしません。

陽子はうなされて、目を覚ましました。

布団には日向子がいません。

和成が日向子を抱いていました。そして陽子に向かっていいます。

「熱が下がったようだよ」

陽子は、日向子が助かったと大喜びです。そして思いました。

「きっと、お母さんが助けてくれたんだわ」

紘子が日向子を抱いたら、あの世に連れて行くという意味だったの
かもしれませんね。

日向子の容態が良くなって、陽子は登校することにしました。

さっそく授業をする陽子。

職員室で、萩原先生の方を見ると、何か書き物に集中していました。

陽子が出勤した日、校長にすみませんでしたと頭を下げると、萩原校長は

「よかった!」(無事でよかった)

笑顔でそう言ったきりです。心の底から喜んでいるように見えました。

日向子の事で学校を休んだのに、何も言わない校長先生。

言わないでいてくれる萩原校長先生の態度を見て、陽子はつらくなります。

自分が辞めなければ、夏子先生が辞めなければならないからです。

悩みながら丸庵まで来ると、何か決心した表情で暖簾をくぐる陽子です。

 

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,矢島健一,
伊藤歩

肺炎から生還した日向子ちゃん。

肺炎はどんな症状で、どういう看病をしたらいいのかなあ。

【送料無料】最新赤ちゃんの病気大百科

【送料無料】最新赤ちゃんの病気大百科
価格:1,365円(税込、送料別)




今日のドラマの始まりは、房子の家族のシーンから。

陽子の話に感化されて、家族を思いやる房子。

「給料上がらなくていいのよ」

「バカでもいいのよ」

房子はいつもと様子が違います。

そんな房子と現代の陽子の会話が続きます。

陽子 「さあ、始めるわよ」

房子 「はい、陽子先生」


戦後は、品不足、物不足で大変だったと語ります。

農地解放で、小作人たちに開放された農地ですが、
蕎麦畑だったところで、蕎麦が作られなくなったというのです。

丸庵の店主、道夫は、蕎麦を探しに信州中を歩いていました。

この頃、陽子はすでに妊娠8ヶ月になっていました。

今日、道夫は戸隠に行っているそうです。


3人で囲む朝食。

陽子にだけ、卵焼きがついています。

陽子 「私だけ」

徳子 「あんたにじゃないの、おなかの子にだよ」

徳子 「和成、あんたも朝から幸せかみしめていないで」

和成 「していないよ」

徳子 「また、いちゃいちゃして」


陽子と和成がお出かけです。

陽子は8ヶ月ですが、有明山小学校に勤務しています。

大きなおなかで職員室を歩くと夏子先生が心配しています。

校長が陽子にイヤミを言ってきます。

夏子 「どっちなんだろうね」

男の子、女の子、どちらか楽しみです。

教室では、係を決める授業です。

飼育係などですね。

音楽の授業の風景も変わりました。

悲しい出来事もあったそうです。

農地解放で、あの思い出の蕎麦畑ではもう蕎麦が作られなくなった
そうです。

あの蕎麦畑とは、紘子と陽子の思い出があり、徳子と陽子が出会った場所
です。

丸庵では、さすがの道夫も困った顔をしています。

徳子 「元気だそうよ」

和成 「いつか、自分たちの蕎麦畑をもとうよ、自分たちの」

徳子 「いいねえ、それ」

道夫 「うん」


丸庵の厨房

和成が煮物をつくっています。

節子おばさんが新聞をもって入ってきました。

新聞を見ると、陽子のお祖母ちゃんこと、桐野富士子の顔写真が
出ていました。

桐野家と言えば財閥です。富士子の夫に何かあったそうです。


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,永山絢斗,寺脇康文
   満島ひかり,マイコ,伊藤歩,串田和美,吉川史樹,白川由美
   斉藤由貴,矢島健一


明日から三連休ですね。


夏休みに親類の家に行くんですが、何かお土産を持って行こうと
思っています。

家族団らん用品が人気という事で、コレに決めようと思います。
素麺が嫌いな人、いるかなあ。


昭和21年4月、丸庵が再開店しました。

店を開いたものの、野菜の煮物など、ちょっとした物しか
出せていません。

店を出すきっかけは、1ヶ月ぐらい前の出来事でした。

家族で食事をしていました。野菜の煮物です。

煮物の匂いに誘われ、男がひとり入ってきました。

店が開いていると思ったその男を中に入れて、煮物をふるまい
ました。

持ってきたおにぎりを食べながら、オカズに煮物を食べて
大変に褒めていました。

これが開店のきっかけのきっかけのようです。

ある日、お国からの頼みごとで、進駐軍用の蕎麦を打つことに
なりました。

道夫と和成が一生懸命に蕎麦を打ちます。

「いい蕎麦だあ」

こういう蕎麦粉がどこかで保管されていたんですねえ。

久々に蕎麦を切る道夫の顔から汗と涙がこぼれました。
徳子が布巾で拭きます。

打ち終わると、和成は道夫に店を開けようと言います。

蕎麦は出せなくても、おかずを出せば良いといいます。

稼ぎは陽子と和成。道夫と徳子は店をやる。

決定です。丸庵の再スタートです。

さて、有明山小学校に変化がありました。

萩原校長という新校長がやって来ました。

個性、個性と言う校長。くどいですが・・・

現代です。陽子と房子の会話。

現代の陽子はその校長が嫌いだったと言います。

理由は戦争が負ける事を知っていた、反対だったような口ぶりが
とても気に入らなかったそうです。

そんな人間が戦後、急に増えたらしいです。
そらみたことか・・・みたいな。

再び有明山小学校の教室。

陽子先生の授業です。

「今日から、横書きは左からになります、練習しましょう」

「先生、なんか上手くかけねえよ」

戦後なんですね。左から書くようになったのは。

そして、もうひとつ新しいことが・・・・選挙です。

級長を決めることになりました。方法は投票による選挙です。

一郎君が初代級長になりました。

須藤家です。

土曜日の半ドンを利用して、須藤家を訪ねます。

良一と茂樹が薪割りをしていました。

そこへ、見知らぬ母と子が訪ねて来ました。

「あのー、この辺に須藤医院があると聞いたのですが・・・」

良一は母親の顔を見て、何かを思い出したようです。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,寺脇康文
永山絢斗,白川由美,伊藤歩,吉川史樹,矢島健一

来週の予告は、どうも陽子が妊娠するようですね。和成や徳子の
笑顔が映りました。

今日のひとことは、めざまし土曜日で見たソーラーパネル付きリュックです。

電動バイクに乗って北海道に行くという企画で、運転手が背負うリュックが
ソーラーパネル付きリュックなんです。

携帯なども充電できるようですね。
番組で、楽天で買ったと書いてあったので、さっそく見つけました。

他にもソーラーパネル商品を探してみます。

楽天市場で「ソーラーパネル」で検索した商品リストです♪

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に