有明山小学校

今日はいよいよ最終回。

観る前にいろいろと想像しました。
平原綾香の歌はあるだろうなあと思っていたのですが・・・

「食べておくりや」

タケオが百白花の厨房に野菜をどっさり持って来ました。

明日はいよいよ日向子の入学式。

陽子は、徳子に日向子の入学式に一緒に行きましょうと誘います。

徳子の子、マサコは入学前に亡くなったそうです。
陽子は気遣って一緒に行こうといいます。

徳子は、和成と行っといでと言います。
ここで見送るという徳子。こんな幸せはないと言います。

入学祝いに人々が集まり始めました。
店は休みです。

そこへ真知子が子供を抱いて遊びにきました。
ミノル君です。

育子も交えて、2階で白紙同盟のガールズトーク?です。
育子はテレビ番組を持つことになったそうです。

音楽の担当が、なんとオクトパス。飯田小太郎でした。
育子をナンパしようとしたようです。

飯田 「かわいいチャンネー、ルービでも飲まない?」

陽子 「いいですよ、オクトパスこと飯田小太郎さん!」

驚くオクトパス。そんな話題で大盛り上がりをしていると
良一と茂樹がやってきました。

茂樹 「大声が外まで聞こえるよ」

そして、富士子と神蔵もやって来ました。
富士子は、日向子にお祝いを持って来ました。

富士子「私のこと、覚えていないわよね、赤ちゃんだったから」

日向子「覚えています。写真をよく見ていますから」

富士子はとても喜びます。

富士子「私からの入学祝いです」

箱を渡しました。箱を開けるとその中はセーラー服でした。

富士子「それでは帰ります」

徳子、道夫、和成が咳ばらいをします。
あの作戦ですね。今回はどこが痛くなるのか見ていると神蔵は・・・

神蔵 「急に足が・・・・痛た・・・・」

富士子「しょうがありません。もうしばらくいることにしまよう」

お約束の一部始終ですね。

これで、全員集合でしょうか。明日は入学式なので、みんな
百白花に泊まったのでしょうね。

あくる日の朝、百白花の前に勢ぞろいする登場人物。
日向子の入学式を見送ります。

「行ってまいりまーす」

和成はスーツ、陽子は和服、日向子はセーラー服です。

これで、おひさまの物語は終わり。
でも、その後の登場人物が気になるなあと思っていると
陽子(若尾文子)のナレーションで解説がありました。

日向子は東京で結婚して、東京で暮らしているそうです。
結局、陽子の子供はひとりだったということですね。

和成は今でも年の2/3は多治見に行って焼き物を焼いているそうです。

真知子は旦那さんと念願の会社を作ることができました。

育子は、世界を飛び回る番組を担当するようになったそうです。

茂兄ちゃんは、なんと日向子を同じ年に大学生になり、須藤医院を開きました。
そして、育子と結婚。
いったいいくつで合格したんでしょうね。育子も晩婚になっちゃいましたね。

みなそれぞれに幸せだったんじゃないかしら。という陽子。

学生時代の夢をそれぞれかなえることが出来たようですね。

徳子、道夫、良一そして富士子はいくつまで生きたのかも気になります。
タケオや杏子のその後も・・・

現代

陽子と房子の話もこれで終わりのようです。房子を迎えに旦那さんがきました。

陽子 「原口さん、房子さんをよろしくお願いしますね」

原口 「はい」

陽子 「楽しかったわ」

房子 「こちらこそ」

陽子 「またいらっしゃい。心に太陽を!」

すると、房子の目の前に現れたサプライズ!

現代の育子と真知子です。白紙同盟揃い踏みです。
育子は黒柳徹子さん、真知子は司葉子さんでした。

黒柳徹子さんは真知子ですと名乗り、司葉子さんは育子ですと名乗りました。

えー!と驚く房子は、逆でしょうと言います。やっぱり逆でした。
なるほど、キャラどおりですね。

真知子はもっと背が高くてもよいかなあと思いましたが
上品さはそのまま?育子こと黒柳徹子さんは相変わらずしゃべりまくりです。

白紙同盟を見た房子が叫びました。

房子 「女性たちよ!」

白紙同盟 「よき人生を!」

白紙同盟の3人は、だれが最初にあの世に行くとか最後は誰とかいう
話をしています。全員2番目がいいといいはります。

陽子 「じゃあ、3人でずっと生きていましょうか」

白紙同盟 「決定!」

昭和に戻ります。

日向子の入学から数年後、陽子は亡き母紘子と同じ歳になりました。

テラスに出て、太陽を見る陽子。

「おかあさん、おはよう!」


           お わ り


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子,串田和美,井上琳水,平泉成
   金澤美穂,斉藤由貴,阿南健治,串田和美,満島ひかり,永山絢斗,マイコ,柄本時生
   近藤芳正,渡辺美佐子,黒柳徹子,司葉子



おひさま、面白かったですね。
東日本大震災のあと、この番組を見て、なんども元気をもらいました。

戦時中のシーンと被災地の復興のシーンがだぶりました。
人は強いと感じました。

女性が長生きなのは、女同士の団結力なのかなあと思いました。

戦前、戦中、戦後、そして高度経済成長期を経て、現代。

女性の一生を語る若尾文子さんと、演じる井上真央さんの演出は良かったと
思います。

初恋、恋愛、結婚、出産、育児という女性の一生を描きながら、
愛しい人の死、特に母紘子の死、兄春樹の死を受け止め、乗り越えるシーンは
とても胸を打ちました。

徳子と陽子の組み合わせも抜群で、樋口可南子の演技力と艶っぽさが井上真央と
競い合っていたような気がします。

おひさまのDVD、CD、本、楽譜などを集めてみました。
音楽もとても良かったです。

¥11810
¥12608
¥14763
¥1050
¥3000
¥1365
¥1365
¥735
¥4889








さて、卒業式を終えた陽子は・・・

教室

陽子 「みんな、卒業おめでとう!戦争が激しくなっていくなか
    よく頑張った、偉いと思います。そして戦争が終わって
    大人を信じられなくなったけど頑張ってくれた。
    本当にありがとう。

    卒業しても、丸山陽子はずっとずっとあなたたちの先生です。
    あなたたちは私の生徒です。

    つらいことがあったらいつでも連絡して下さい。

    みんなを思ってくれる人がこの世の中に一人いるという事は
    みんなの強さになります。

    先生からの話は以上です」

卒業式で、しゃっくりが出て、仰げば尊しが歌えなかったというので
教室で、もう一度歌いたいという生徒たち。

「仰げば尊し・・・・・・・」

いろいろな事を思い出す陽子。

ほとんどは戦時中の授業での出来事でした。

泣かないと決めていた陽子ですが、陽子に集まってくる生徒を抱いて
陽子は涙を流してしまいました。


だれもいなくなった教室

陽子は、ひとりで教壇にたって教室を歩き始めました。机をひとつずつ
触れる陽子の後ろから、夏子先生が見ています。

夏子 「校長先生から聞いたわ」

そっと陽子を抱きしめる夏子先生。

夏子 「あなたが選んだ道なのよね。今日までありがとう陽子ちゃん。
    楽しかった。
    私は、日本一の女性教師になるわ。校長先生にもなる。
    あなたが自慢できる先生になる。私の先生であり、同僚だったと
    言えるように。
    私は、死ぬまで、あなたの先生よ。
    丸山陽子さん、卒業、おめでとう」

陽子 「ありがとうございました」

お尻を叩いたり、抱き合ったりしながら別れを惜しむ夏子と陽子。

廊下を歩く陽子は、何かを決心して遠くを見つめています。

日向子を抱いて、丸庵に帰る陽子。

陽子 「ただいま」

徳子、道夫にお帰りと言われ、早く着替えて手伝ってと言われます。

陽子は、ハイ!と答えながら、新しい人生の一歩を歩き始めました。



出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,マイコ
   満島ひかり,伊藤歩,吉川史樹


携帯電話の電池切れって困りますよね。
節電ブームからでしょうか、ソーラー式の充電器を持っている友人が
増えています。

太陽光で充電できるので、もちろん節電になりますけど、いざという
時にも便利かなと思っています。

ソーラーグッズを持つのがブームかも。これは蓄電も可能です。


丸庵に帰り、学校を辞めると言ってきた事を徳子達に報告する陽子。
徳子は神妙な顔つきです。

陽子は報告をすませると、

「お腹空いたー」

と言いました。

次は村上堂での報告です。

かよと貞夫、真知子と育子を前に報告です。
かよが泣き出しました。

「もう、日向子ちゃんを預かれないのかあ」

談笑するみんな。

陽子はなぜか、吹っ切れて、報告が楽しそうです。
それは、育子と真知子を驚かせた事が始めてだからです。

育子たちは、陽子は一生、先生を続けていくと思っていたようです。

最後の授業なのでしょうか、陽子は余裕の笑をうかべながら授業を
しているように見えます。

2回目の卒業生、最後の卒業生の授業です。


須藤家

茂樹が茶の間で一人芝居をしています。
父の良一に、医師になりたいと許可をもらう練習です。

「須藤医院をやりたいんです」

「ええ、これからか?」

そこへ良一が手紙を持って入ってきました。

良一 「茂樹、陽子が先生を辞めるそうだ」

茂樹はびっくりします。

良一 「陽子は新しい人生を踏み出すんだなあ」

茂樹は、陽子のやつに先をこされたという思いでいっぱいです。

良一 「茂樹は・・・せかして、すまん。ゆっくり考えろ」

茂樹は、背中に隠した、医師専門学校入学願書を出せずじまいです。


そして卒業式の日がやって来ました。

昭和22年3月
教師としての最後の日です。

出かける前に、鏡を見て何か心に決める陽子です。
階段を降りると家族が出迎えてくれました。

道夫 「陽子ちゃんの先生姿も見納めだね」

陽子は、道夫、徳子に礼を言います。

「本当にお世話になりました、お世話になりました」

みんな涙目です。陽子の卒業式みたいだと和成が言います。
日向子をおんぶして丸庵を出ると、節子と安子がいました。

「いっといで」

「いってきます」

村上堂に寄る陽子。今日は昼の授乳は無しのようです。

陽子 「今日まで、本当にありがとうございました」

日向子の顔がアップになりました、かわいいですね。べっぴんさんです。

有明山小学校

職員室で机の上を雑巾がけする陽子と夏子。

陽子はこれで2回目の卒業生を出すのですが、夏子先生は10回目だと
言います。陽子やタケオもその中に入っています。

萩原校長がやってきて、陽子と挨拶をします。

夏子先生は、おやっという顔をしました。陽子が辞めることは知りません。
陽子はそれを察して、卒業式は緊張しますねと言いました。

陽子が辞める事を知った時の夏子先生の顔が見てみたいですね。

伊藤歩さんて、和風美人ですよね。着物が似合います。
でも、最初の頃に比べるとちょっと太って見えるんですけど、自分だけ?


出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,白川由美
   渡辺えり,斉木しげる,矢島健一,寺脇康文,永山絢斗,マイコ
   伊藤歩,満島ひかり,吉村実子

来週の予告です。

育子と茂樹のツーショット、えー二人は付き合っているのーという陽子。
医師になる宣言はどうなるんですかね。
育子は東京に行かないのでしょうか。

家にずーっといることになった陽子は、徳子と嫁姑の戦いもあるようです。

「陽子は他人行儀なんだよねー」

「言い返してもいいですか」

なんていうやりとりも。


さて、台風が来ていますが来週は台風が過ぎると暑さがぶり返す
ようです。

昨日ですね、楽天市場で予約していた充電式扇風機が届きました。
2つ注文したんです。

7000円ぐらいの安いものと15000円のものです。

ひとつは実家へ贈ろうと思っていました。

安い方は組み立てが大変だし、ちょっと作りも雑だなあと思いました。

家具のひとつと考えれば、デザイン性も大切。

プラスマイナスゼロの商品は良かったです。友達にも褒められました。

« Older Entries
ページ上部に