春樹兄さん

今朝のオープニングは平原綾香さんの歌つきでしたね。
最終週だからでしょうか。

良一がベッドに寝ています。
主治医と看護師がやってきました。なにか大事な事を伝えるようです。
茂樹が自分が聞くと言いました。

今は須藤家の家督を継ぐ身ですね。
医師の話しによると、良一の命は「本人の生きる力」だけだそうです。

陽子 「待ちましょう」
茂樹 「待つだけだ」

病室には和成と茂樹と陽子だけになりました。
父を振り返る陽子。

陽子 「お母さんが亡くなってから、ずっと寂しかったに違いない
    でも、お父さんがひとりで映画を見ていたと思うとたまらない」

茂樹 「そうか、俺はどこか格好いいと思う。そんなにひとりの人をずっと
    好きでいられるなんてステキだなと思う」

陽子 「そうね、そう思うと、かわいいね」

茂樹 「どんな映画だったのか見てみたいな」

和成 「見てみたいですね」

茂樹は父さんと一緒に暮らしていて何も気づかなかった。勝手にお父さんが
強いと思い込んでいたと言います。

茂樹 「こんな自分が医師になれないのは当然だ。きっと春樹兄さんなら
    気づいていた」

和成 「須藤のお父さんは強い人だった、みんなが思っていましたよ」

良一は苦しそうな顔でベッドに寝ています。

良一 「ひ、ひろこ・・・。はるき・・・」

そう言って、眠りが深くなったとき、陽子が取り乱しました。

陽子 「やだ、お父さん、逝かないで」

夜が更けました。
陽子、和成、茂樹は椅子に座ったまま寝ています。

朝になると、良一が目を開きました。

良一 「おい陽子、なんで俺がお前たちを起こすんだ」

茂樹 「お、お父さん」

良一 「なんだ、たよりないな、お前たちは。
    死にかけたのか、私は。お母さんと春樹にあったよ」

紘子が出てきたそうです、春樹も。お父さんにはもう少し頑張ってもらわないと。

良一 「と言うわけだ、追い返された」

陽子はそれを聞いて、泣きじゃくります。

陽子 「もう、いなくなったら嫌ですからね」

良一が回復したのは、お母さんと春樹兄さんのおかげ。
そう言う陽子でした。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,田中圭,原田知世

友人が「ママ会」に行くと言って、バッグを一緒に見に行きました。
ママ会って入るものなのかなあ。

ママ会っていうとブランド品のお披露目会かと思っていたら、
安くてもセンスのよいものを持っているところを自慢するとか。

時間が無いのに、モノ選びにはこだわっていますよーって感じです。

こんなショップがあるぐらいですからね。




楽天市場で、ママ友用バッグをいろいろ見てみる♫

1万円以内でけっこうおしゃれなバッグがありますね。

陽子 「・・・ということでございました」

陽子は、真知子と育子に多治見での一件を話しました。

育子 「夫婦ゲンカは犬も食わないってことね」

陽子は育子をジロッとにらみました。

真知子「良くないと思う。もし自分が陽子の立場だったそう思う」

真知子は育子をちょっとだけ叱りつけました。
育子は素直に謝りました。

育子に東京の様子を聞く陽子。

育子 「まずね、出版社はクビになりました。でもね、放送局の人があの一件を
見ていて、放送局で働かないかって」

育子は放送局で働くようになったようです。
そして真知子は、仕事先で昇進しそうだと言います。仕事が出来るんだそうです。
春樹からもらった手紙の事を話し始めました。

この手紙を読んでいるということは、私は戦地から帰らず天国にいるということ
でしょう、空の上から幸せを願っています。私は空の上からあなたの不幸を
取り除いてあげます。

真知子「だから私は大丈夫なのよ」

春樹の手紙の事を自慢する真知子です。

育子 「旦那には話したの?」
真知子「春樹さんの事は話したけど、手紙の事は秘密。これって浮気かしら
私って罪な女・・・」

育子が思いっきり噴きだしました。
大笑いする3人。
こんなふうにいつまでも3人でいられたらいいなあ・・・陽子

陽子と日向子の寝顔を見る、育子と真知子。幸せそうな陽子の寝顔。

朝です。
テーブルで朝食を食べる真知子や育子、全員、女性です。

育子は茂樹を訪ねていました。茂樹の様子を聞く育子。

茂樹 「なんだかいい調子だ。目標が近づいて来た感じがする。いつか育子が
手紙に書いてくれた上原さん・・だっけ、その人の分までいい医者に
なってやるよ。待ってろよ」

育子 「ん?」

茂樹から軽いプロポーズ?でしょうか。

陽子は蕎麦打ち修行を続けます。蕎麦を切る陽子。
徳子はもうちょっと修行が足りないと言います。

続く・・・

裁縫が苦手な陽子ですから、きっと不器用なのかも知れませんね。

陽子は、いつまでもここに居そうな気がするって言っていました。
だからいつでもここに来ていいよと言っていました。
現代の陽子を想像させる言葉ですよね。

出演:井上真央,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,満島ひかり,マイコ

今朝は、番組を見終わったあと、めざましテレビを見ています。
すると、女性の一人旅が流行しているとのことでした。

女性は一人旅を申し込む時は、カウンターでは恥ずかしいので
ネットで申し込むそうですね。
大食堂で食べないようにしたり、一人旅用のツアーもあるようです。

★楽天トラベル 女性用プラン 極上ホテル・スパでRelax★

私は多治見に行ってみようかなあと思って高速バスを探しました。



高速バスって進化してますよね。



リラックス空間です。

陽子 「茂樹兄さんのこと・・・・好き?」

育子 「好き・・・須藤茂樹が好き」

育子はいろんなことを気にしていたようです。
真知子は陽子の兄の春樹を好きになり、育子が茂樹を好きになるなんて
おかしいと思っていたようです。

陽子 「そんなこと、思っていないわよ、変ね」

育子 「安曇野の須藤兄弟はモテるなあ」

確かに、春樹も茂樹もモテモテです。

陽子 「実は、兄を取られてしまうようで、ちょっとだけ、嫉妬してた」

育子 「茂樹さんのことは大好き、一緒にいて楽しいし、このままずっと一緒にいたいなって思うの」

育子の回想シーンです。茂樹とふたりきりで須藤家で話しをした時のこと。

「今はお互い、それぞれの場所で頑張って、いつか年をとってもお互い独りだったら、
そのとき考える」

そう約束した育子と茂樹。

ステキねという真知子。

育子と茂兄ちゃんらしいという陽子。

陽子 「幸せになろうね、白紙同盟の諸君!」

育子 「長生きするって約束だしね」

真知子「ところで、見たい?誓約書」

真知子は誓約書を広げます。巻物になっていました。

みんなでワイワイ言って誓約書を見て大喜びです。

現代の陽子

房子 「育子さんって生きているんですよね」

陽子 「生きているわよ」

房子 「ここが赤い屋根のお家ですよね」

陽子 「え、ええ。でも、バレちゃったらつまんないでしょう」

房子 「バレバレですよ」

電話が鳴りました。陽子がでて、房子に変わります。

房子 「もしもし・・・」

電話の相手はなんと夏子先生でした。まだ、生きているわよと返事。
夏子先生っていったい何歳なんでしょうか。

夏子先生は学校を作って学長をしているそうです。

また、昭和に戻ります。

赤い三角屋根の家の前に立つ丸山家のみんな。

道夫 「ここかい・・・・・」

ちょっと、戸惑っている様子です。

日向子「絵本のおうちだね」

さて、徳子も何か言いたそうですが、どうなるんでしょうね。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,永山絢斗,金澤美穂,井上琳水,満島ひかり
マイコ,斉藤由貴

今日もなでしこジャパンの話題ですよー。
え、もう知ってますよね。
オリンピック出場を決めちゃったんですよね。

強敵の北朝鮮に勝てばそこでオリンピックの切符が手に入ったらしいんですけど、
引き分けたので、オーストラリアと中国の試合の結果次第みたいでした。

オーストラリアが中国に勝ったので、日本は2位以内確定らしいんですけど
どういう仕組みなのか詳しくはわかりません。

「五輪でメダルを獲らなければ」という澤選手。

佐々木監督はオリンピックに出られなければ辞めると言っていたそうです。

¥1260
またまた、佐々木監督の株があがりましたね。

« Older Entries
ページ上部に