タケオ

現代の陽子と房子

房子 「え、全部焼けてなくなっちゃったんですか、丸庵」

陽子 「全部ではないけど、住む所はなくなっちゃったわ」

どの程度焼けたのか、テレビでは映りませんでした。

安曇野の須藤家

和成 「申し訳ございません、みんなで押しかけてしまって」

丸山家プラス杏子プラス節子が須藤家に身を寄せました。
申し訳なさそうにする丸山家の様子を見て良一が切り出します。

良一 「よしてください」

丸山家で、一番、力を失ったのは徳子でした。
しょんぼりして、髪も濡れています。

火事の後片付けに出かけることになりました。

良一 「よし、男たちは松本にいく」

和成 「節子おばちゃん、何か探して欲しいものある?」

松本に出かけて、火事場で探し物をしてくるようです。
リヤカーを引いてでかける男たち。

和成 「たぶん腹ペコで帰ってくるから夕飯はおいしいものを頼むね」

茂樹 「たまにはにぎやかなのもいいよね」

タケオ「まってくりや、オレもいく」

タケオも駆けつけました。

縁側の廊下にたたずむ徳子。

日向子と杏子は外に遊びに出かけます。
節子と陽子はお茶を飲んでいます。

節子は須藤家が始めてかもしれません、徳子にいい家だねと話しかけ
ますが、徳子は上の空です。

動かない徳子。宙を見つめたままです。
隣に座る陽子。

徳子 「あーあ、うふふふふふふふ」

気が触れたかな、徳子。

徳子 「まったく嫌になっちゃうよね、あんたは大丈夫かい」

陽子 「ええ、お母さんがいてくれるから」

徳子 「そうかい・・・ふふふふふふふ」

徳子の顔が泣き顔になって来ました。

徳子 「無くなっちまったよ、丸庵。無くなっちまった」

陽子 「母さん」

嗚咽する徳子。隣の部屋で聞く節子。徳子を抱きしめる陽子。

陽子 「大丈夫です。大丈夫、大丈夫。私たちは絶対に幸せに
なるんですから、私がしてみせます。私は負けませんよ。
絶対、もっと、幸せになりましょ。何倍も。
前よりももっと立派な丸庵を作りましょ」

陽子はポジティブです。

陽子 「メソメソしていると私が全部勝手に決めちゃいますよ」

「しっかりしなさい、ホレ、丸山徳子!」

陽子は、夏子先生のように徳子のお尻を叩いて気合を入れます。
徳子は陽子のおでこをぴしゃっと叩いて仕返しです。

陽子 「かわいかったなあ、徳子ちゃん」

井上真央のほっぺをつねったり、樋口可南子のほっぺをつねったり
アドリブも入っているかもしれませんね。このふたりの演技。

陽子は徳子をからかうと、徳子が陽子を追い回します。
タケオの母さんと嫁が野菜を持ってきますが、夢中になって鬼ごっこを
しています。

日向子が帰ってきて、一緒に鬼ごっこです。

来週へ続く・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
金澤美穂,白川由美,柄本時生,安藤サクラ,寺脇康文,永山絢斗
角替和枝,斉藤由貴

来週の予告です。

育子の顔がバーンと登場しました。茂樹と何かあるのでしょうか。
丸山家の面々は、須藤家の中庭に全員集合です。作戦会議らしいです。
そして、あの洋館が映りました。洋館に住むのでしょうか。

今日の日記

今日は9月3日。秋ですね。
9月19日は敬老の日です。
そろそろ、おじいさん、おばあさんに贈り物を考えたいと思います。

いつも下着を贈っているんですが、着ないでたまっているみたい。
なにか気が効いたものはないかなあ。

おばあちゃんは、77歳になるのでおめで鯛です。




かわいいですよね、コレ。野田総理も、もらったのかしら。
政界財界御用達って書いてあります。

さて、今日は土曜日。じっくりギフトを探してみます。

>>敬老の日ソムリエが厳選したギフトを見てみる(楽天市場)



目をまんまるにした陽子。
こうしてみると、井上真央の目って大きいですよね。

和成が帰ってきて、女に蕎麦の味を聞きます。

「うんまいです」

「そうかいね」

和成は、徳子にも様子を聞きます。今日からこんにゃくそばが
スタートしたんですね。

徳子の話しでは、上々の売上だそうです。

すると、椅子から立ち上がって陽子に迫る女。

女  「あの、私・・・お嫁に行きます」

陽子 「それは、おめでとうございます」

女  「あの、宮本タケオのお嫁にいきます・・・ミツといいます」

安藤サクラの演技は、父譲りだなあと思いました。

その頃、須藤家では、宮本家がご馳走を持ってきて宴会のように
なっていました。

お酒は良一の取っておきでしょうか。上機嫌の宮本家。
しかし、茂樹はくやしい顔です。

タケオの母(実は柄本時生の実の母親、柄本明の奥さんなんですね)は
ミツのことを、朝日村から来てくれたいい子だと褒めまくりです。

丸庵

陽子は、ミツを二階に呼んで、話をしはじめました。

ミツ 「顔を見て帰ろうと思ったら、なんだか話をしたくなっった」

「タケオさんから陽子さんの話を聞いたので」

タケオは過去の話をミツに全て話したそうです。

陽子が安曇野に引っ越して来た時から好きだった。今でも一番好きだ。
でも、お前が一番好きになるように頑張る。

そういうタケオのカミングアウトを聞いて、ミツは…

バシーン

ミツはタケオの顔を叩きながら

「よろしく頼むだじ!」

と言いました。

ミツ 「私はもっと幸せになる」

陽子 「私ももっと幸せになる」

陽子 「お友達になれたらうれしい」

ミツも嬉しいと言って、ふたりは友達になったようです。

現代

現代の陽子とタケオと房子がいます。

陽子は、ミツの事を、ミッちゃんと呼んでいるようです。
今も元気で、子供が6人、孫が8人、ひ孫もいるそうです。

房子が、タケオに今は陽子の事をどう思っているか聞きます。
すると、タケオは、陽子のことは、アイドルだと言います。

そこへキョウコがやって来ました。話がどこまで行ったかと聞くと
タケオが結婚したところなので、私はまだ現れていないですねと言います。

和成と陽子の時代

川のほとりで、和成、陽子、日向子の3人で水入らずです。

陽子 「もっと幸せになりましょうね」

和成 「いいね、安曇野は」

陽子の職場

日向子が急に泣き出しました。

竹内 「勘弁してくれねえかなあ」

すると紺野まひる(良子)が立ち上がりました。

良子 「いいかげんにして」

陽子は、窮地に立たされてしまいました。万事休すです。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美
紺野まひる,寺脇康文,永山絢斗,安藤サクラ,柄本時生
角替和枝,村松利史,斉藤由貴,伊東ゆかり,犬塚弘

犬塚弘さんの話し方はタケオの話し方を真似していて面白いです。

タケオの母役、角替和枝さんの笑い方が豪快で笑っちゃいますよね。

そういえば、昨日の放送で良一が新聞を見てましたよね。

新聞に「相馬剛三、圧勝!」って書いてありましたけど、安曇野の町長に
なったってこと?帝王が町長かあ。

毎日暑くてイヤになっちゃいますけど、テレビを見ていたら脱毛関係の
グッズが大人気だとか。

分かりますよ。ノースリーブだと腕とかとても気になります。

ワキも脱毛できるんなら、いいかも。痛くないのが一番ですよね。
長く使うものなので、人気があるものがいいと思います。



有明山小学校

教室や廊下で遊ぶ子供たち。
カタコトの英語を話しています。戦争が終わり、英語を
どんどん取り入れるようになったんですね。

宿直室前の中庭

陽子が今日も日向子をおんぶして来た和成を出迎えました。
ニコニコとじゃれあうふたり、いや、3人ですが・・・

校長が廊下から見ていました。けしからんという表情です。
夏子先生はその様子を見て心配顔。

須藤家

茂樹は働きに出ないで家にいます。たぶん、隣の宮本タケオの
家の農家を手伝っているのでしょう。

縁側で難しい本を読んでいます。澱粉とか書いてあるので
薬の本でしょうか。

そこに育子が元気よく現れました。

育子 「シゲキー!」

茂樹 「呼び捨てにんすんな」

育子 「シゲキー・・・・くん。さつまいものお菓子を持ってきたよ」

良一は出かけていないので、ふたりきりです。

茂樹に向かって、医者になるのかと聞いてきます。
医学書を読んでいる茂樹は、医師を目指しているのかも。

育子は、茂樹をからかってばかり。しげきくん、しげきさんと
からかいます。

丸庵の店の前

和成と陽子と日向子が安曇野に里帰りです。
徳子が見送ります。

須藤家に着くと、仏壇の紘子と春樹に報告をする陽子。

陽子 「日向子も少し大きくなりました」

須藤家の居間

茂樹が日向子をあやします。

ベロベロバーです。

良一 「いいな茂樹は」

日向子をあやしている茂樹が羨ましいようです。

和成 「いいじゃないですか、男がやっても。ベロベロバー!」

和成のベロベロバーも気合が入っていますね。

良一も挑戦しますが、理性がストップをかけるようです。

陽子は、育子と茂樹のことを聞き出します。

育子が、安曇野イチ面白いとか、ラクダに似ているとか好き放題な
事を言っているようです。

タケオがやって来ました。

タケオのベロベロバーは、ナンバーワンですね。

良一 「まったく、この国の男はどうなっているんだ」

タケオの父親はこのセリフを聞いてベロベロバーをやめてしまいました。

タケオの母が茂樹とタケオに向かって

「あんた達の結婚はどうなってるんだい」

と言います。

その昔、タケオが陽子の結婚祝いに安産のお守りをあげたことを
ネタに盛り上がります。

丸山家

里帰りから数日後、和成が熱を出して寝込んでいます。
丈夫がとりえだったように思うのですが、何が原因でしょうか。
疲れですかね。

陽子は学校へ行く準備をしています。今日は日向子を学校に
誰が連れて行くのでしょうか。

和成がフラフラになりながら起きて来ました。
日向子を送って行くと言うと、徳子に風邪を移す気か、と叱られます。

道夫は早々と蕎麦を探しにいったのでしょうか。

陽子は、頼んでみると言って、日向子をおぶってどてらを着こみました。

丸庵を後にする陽子。

あの校長がそうカンタンに許すとは思えませんが・・・

誰かが助けてくれるそうです。夏子先生?意外性がないですね。
誰でしょうか。


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,斉藤由貴
伊藤歩,矢島健一,白川由美,吉村実子


各地で花火の話題がニュースになっていますね。
打ち上げ花火で、震災復興!というイベントはステキだと思います。

盛り上がりますよね。

今年はどこでやろうかな。花火。たくさん買い込んでいっぱいやりたい。


花火にもメガ盛りってあるんですね

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に