タケオ

今日はいよいよ最終回。

観る前にいろいろと想像しました。
平原綾香の歌はあるだろうなあと思っていたのですが・・・

「食べておくりや」

タケオが百白花の厨房に野菜をどっさり持って来ました。

明日はいよいよ日向子の入学式。

陽子は、徳子に日向子の入学式に一緒に行きましょうと誘います。

徳子の子、マサコは入学前に亡くなったそうです。
陽子は気遣って一緒に行こうといいます。

徳子は、和成と行っといでと言います。
ここで見送るという徳子。こんな幸せはないと言います。

入学祝いに人々が集まり始めました。
店は休みです。

そこへ真知子が子供を抱いて遊びにきました。
ミノル君です。

育子も交えて、2階で白紙同盟のガールズトーク?です。
育子はテレビ番組を持つことになったそうです。

音楽の担当が、なんとオクトパス。飯田小太郎でした。
育子をナンパしようとしたようです。

飯田 「かわいいチャンネー、ルービでも飲まない?」

陽子 「いいですよ、オクトパスこと飯田小太郎さん!」

驚くオクトパス。そんな話題で大盛り上がりをしていると
良一と茂樹がやってきました。

茂樹 「大声が外まで聞こえるよ」

そして、富士子と神蔵もやって来ました。
富士子は、日向子にお祝いを持って来ました。

富士子「私のこと、覚えていないわよね、赤ちゃんだったから」

日向子「覚えています。写真をよく見ていますから」

富士子はとても喜びます。

富士子「私からの入学祝いです」

箱を渡しました。箱を開けるとその中はセーラー服でした。

富士子「それでは帰ります」

徳子、道夫、和成が咳ばらいをします。
あの作戦ですね。今回はどこが痛くなるのか見ていると神蔵は・・・

神蔵 「急に足が・・・・痛た・・・・」

富士子「しょうがありません。もうしばらくいることにしまよう」

お約束の一部始終ですね。

これで、全員集合でしょうか。明日は入学式なので、みんな
百白花に泊まったのでしょうね。

あくる日の朝、百白花の前に勢ぞろいする登場人物。
日向子の入学式を見送ります。

「行ってまいりまーす」

和成はスーツ、陽子は和服、日向子はセーラー服です。

これで、おひさまの物語は終わり。
でも、その後の登場人物が気になるなあと思っていると
陽子(若尾文子)のナレーションで解説がありました。

日向子は東京で結婚して、東京で暮らしているそうです。
結局、陽子の子供はひとりだったということですね。

和成は今でも年の2/3は多治見に行って焼き物を焼いているそうです。

真知子は旦那さんと念願の会社を作ることができました。

育子は、世界を飛び回る番組を担当するようになったそうです。

茂兄ちゃんは、なんと日向子を同じ年に大学生になり、須藤医院を開きました。
そして、育子と結婚。
いったいいくつで合格したんでしょうね。育子も晩婚になっちゃいましたね。

みなそれぞれに幸せだったんじゃないかしら。という陽子。

学生時代の夢をそれぞれかなえることが出来たようですね。

徳子、道夫、良一そして富士子はいくつまで生きたのかも気になります。
タケオや杏子のその後も・・・

現代

陽子と房子の話もこれで終わりのようです。房子を迎えに旦那さんがきました。

陽子 「原口さん、房子さんをよろしくお願いしますね」

原口 「はい」

陽子 「楽しかったわ」

房子 「こちらこそ」

陽子 「またいらっしゃい。心に太陽を!」

すると、房子の目の前に現れたサプライズ!

現代の育子と真知子です。白紙同盟揃い踏みです。
育子は黒柳徹子さん、真知子は司葉子さんでした。

黒柳徹子さんは真知子ですと名乗り、司葉子さんは育子ですと名乗りました。

えー!と驚く房子は、逆でしょうと言います。やっぱり逆でした。
なるほど、キャラどおりですね。

真知子はもっと背が高くてもよいかなあと思いましたが
上品さはそのまま?育子こと黒柳徹子さんは相変わらずしゃべりまくりです。

白紙同盟を見た房子が叫びました。

房子 「女性たちよ!」

白紙同盟 「よき人生を!」

白紙同盟の3人は、だれが最初にあの世に行くとか最後は誰とかいう
話をしています。全員2番目がいいといいはります。

陽子 「じゃあ、3人でずっと生きていましょうか」

白紙同盟 「決定!」

昭和に戻ります。

日向子の入学から数年後、陽子は亡き母紘子と同じ歳になりました。

テラスに出て、太陽を見る陽子。

「おかあさん、おはよう!」


           お わ り


出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子,串田和美,井上琳水,平泉成
   金澤美穂,斉藤由貴,阿南健治,串田和美,満島ひかり,永山絢斗,マイコ,柄本時生
   近藤芳正,渡辺美佐子,黒柳徹子,司葉子



おひさま、面白かったですね。
東日本大震災のあと、この番組を見て、なんども元気をもらいました。

戦時中のシーンと被災地の復興のシーンがだぶりました。
人は強いと感じました。

女性が長生きなのは、女同士の団結力なのかなあと思いました。

戦前、戦中、戦後、そして高度経済成長期を経て、現代。

女性の一生を語る若尾文子さんと、演じる井上真央さんの演出は良かったと
思います。

初恋、恋愛、結婚、出産、育児という女性の一生を描きながら、
愛しい人の死、特に母紘子の死、兄春樹の死を受け止め、乗り越えるシーンは
とても胸を打ちました。

徳子と陽子の組み合わせも抜群で、樋口可南子の演技力と艶っぽさが井上真央と
競い合っていたような気がします。

おひさまのDVD、CD、本、楽譜などを集めてみました。
音楽もとても良かったです。

¥11810
¥12608
¥14763
¥1050
¥3000
¥1365
¥1365
¥735
¥4889






現代の百白花

房子 「お話がだんだん、今に近づいてきましたよね」

でも、まだまだネタがあるそうです。
平凡な人生よねという陽子ですが、房子は波乱万丈と言います。

房子は育子や真知子、和成の事が聞きたくてウズウズしていますが
こらえています。

たぶん、最終回までに、ポロポロと現代の様子がわかる仕組みじゃないかなあ。

陽子の後ろに写真立てがたくさん並んでいますね。セピア色に
なっていますが、よく見ると和成がいるかもです。

タケオが房子におみやげの野菜をたくさん持って来ました。
駅前で真知子にあったと言います。

陽子はタケオに口止めします。
タケオは、白紙同盟じゃなく不死身同盟と言われているぐらいだと言います。

さて、昭和に戻ります。

百白花には遠方からのお客さんが来てくれるようになりました。
天ぷらそばが美味しそうです。

でも、和成はまだ帰って来ません。多治見で器を作っているようです。

杏子が嬉しい報告です。
日向子を描いた絵が最優秀賞をもらったそうです。
日向子がシャボン玉を吹いている横顔を描いたものです。

夜の教室。
村上堂のカヨをはじめ、生徒が全員集合です。
さっそく、杏子の受賞を報告しました。みんなが拍手します。

旦那の貞夫はテラスで道夫とイッパイやっています。
徳子も一緒です。
戦争中は真っ先に飴屋が潰れたけど、今は繁盛してきた。
人々に余裕が出来た証拠かねと言います。

教室で、ケイコが陽子の父、良一を見たと言います。
ケイコはケイスケに、「ねっ」と言います。ケイスケは慌てます。

ケイコたちが帰ろうとするとハナが用事があるからと言って先に
帰ってと言います。カヨは残っています。

二人きりで返そうとする作戦でした。カヨも知っていました。
知らずは陽子だけ。鈍感な陽子です。

徳子に話すと、徳子も気づいていたといいます。
陽子は本当に鈍感ですね。

すると、ケイコとケイスケが百白花に戻って来ました。
入り口に立つケイスケとケイコ。

ケイスケ 「僕たち、結婚します」

日向子 「ケイコお姉ちゃん、お嫁さんになるの?」

日向子ちゃん、おマセです。
陽子は、教え子どうしの結婚にとても嬉しいと言います。
そして、ケイコをぎゅっと抱きしめました。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,
串田和美,渡辺えり,斉木しげる,石橋杏奈,土屋太鳳,大和田健介
斉藤由貴,犬塚弘

今朝のニュースで、AKB48のじゃんけん大会で優勝した篠田麻里子さんの
インタビューがありました。
手首が痙攣するほど、気合を入れてじゃんけんをしたそうです。
憧れのセンターポジションでどんな曲を歌うんでしょうか。




篠田麻里子カレンダー・・・きっと売れるでしょうね。

★篠田麻里子の関連グッズを楽天市場で探してみる★

本当に色々なモノがありますね、AKB商品って。



赤い三角屋根の家の前に立つ丸山家のみんな。

道夫 「ここでかい・・・・・」

和成 「どうかいね」

道夫はちょっと戸惑っている様子です。和成は目が輝いています。
須藤家に戻って、相談する4人、徳子、道夫、陽子、和成。

和成 「あの家の近くで畑が手にはいりそうなんだ。蕎麦にはぴったりだ、どうだい」

徳子 「なるほどねえ」

道夫 「なるほどなあ」

徳子 「いいんじゃないかい」

道夫 「いいんじゃないの」

徳子 「面白いんじゃないかい」

和成と陽子は喜んでいいのかどうかわかりません。

徳子 「あれだろ、ふたりで話しあって決めたんだろ」

道夫 「驚いたねえ、ところで、あれかい、あそこで蕎麦屋は繁盛するのかい」

繁盛させるんだよ、と徳子が言います。道夫は持ち主のことを心配します。

陽子が、持ち主はタケオの知り合いで、陽子の知り合いでもあると言います。
そして、たぶん、真知子の父、相馬剛三だろうということになりました。

徳子 「がんばるんだよ」

4人で目標が決まりましたね。
そして、あの家の持ち主が来ることになりました。

タケオが案内人です。タケオの父も一緒です。
宮本家はあの家に住んでいた外人さんに野菜を届けていたそうです。

茂樹が、あの家に子供の頃にあの家に忍び込んだことを話し始めました。

茂樹 「こどもみたいに小さな体で、うううっとうめき声を上げていた」

え、えの家に幽霊が?

タケオ「それは、うちの婆ちゃんだいね。生きてた頃、昔は掃除をしにあの家にいってたんだいね」

それを聞いて、みんな、ホッと胸を撫で下ろしました。
陽子は、家の持ち主をタケオに聞きますが、タケオはじらします。

須藤家に来た持ち主とは、なんとユキちゃんでした。

ユキが家の持ち主とは、一体どういうことでしょうか。
和成がユキに家を求めたいという目的を説明しました。

ひととおり話を聞いて、ユキが話しをはじめました。

ユキ 「安曇野では貧しい思い出しかなかったけれど、あの家が生まれ変わるのなら嬉しいです。
    お譲りします」

礼を言う和成、ユキは陽子のおかげでここまで来れたと言います。
思い出す運動会のシーン、懐かしいですね。

ユキは条件を出しました。自分の商店にも蕎麦を仕入れさせて欲しいということです。
さらにもうひとつ。松本の丸庵の跡地を買わせて欲しいと言います。

立地条件は抜群なので、店を出せば流行ると言うことです。
ユキは地上げ屋もやっているんでしょうか。不動産も得意そうです。

最後の条件。それは、いいお店にして下さいということでした。

和成 「わかりました」

和成と陽子が頭を下げます。

そして、あの小川のほとりの洋館の中に、陽子とユキがいます。
ユキは、小さな頃、この家に住みたかったと言います。

その家に陽子が住んでくれることはありがたいと言います。

窓を開けて、外を見る陽子とユキ。

ユキ 「この景色を見ながらお蕎麦を食べるというのはどうかしら」

陽子 「さすがユキちゃん!!!!」

この家を買うために借金ができたけど、一家で頑張れると思った
そう、現代の陽子が言います。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文,永山絢斗,金澤美穂
井上琳水,柄本時生,村松利史,橋本真実

さて、来週の予告です。

丸山家のみんなが、なにか書いた紙を手にしています。その文字は

「百白花」

ひゃくびゃっか、と読むようです。日向子ちゃんが
「ひゃくびゃっかでーす」と言っていました。きっと、お店の名前でしょうね。

育子が街頭演説中に警察に捕まってしまいました。そして、拘置所に。
育子は謝らないようです。

そして、謎の女性と和成。
道夫の声で「いつの間にか、同情から情に移って・・・

浮気でしょうか。
陽子が泣いていました。でも最後は電話で「大好き」と笑顔に。

来週も楽しみですね。

しかし、今週は暑さが戻ってきて大変でした。夕べは職場のみんなとビアホールに行きました。
楽しかったです。

今、流行のおつまみって知ってますか。
なんと、生サラミだそうです。

 



【楽天市場】★金賞受賞★[セミハード生サラミ

これはビールにあいそうですね。

楽天市場で、生サラミの値段や販売店をいろいろ見てみる♪

 

イベリコ豚使用というものもありましたね。食べたい!

こんなブログを見つけました。>>

宅のみ家のみグッズ紹介

ワインサーバーというのもあるんですね。

« Older Entries
ページ上部に