陽子のお祖母ちゃん

若尾文子と斉藤由貴の会話からはじまりました。

斉藤由貴こと原口房子が若尾文子こと陽子の顔を
まじまじと見て、おばあちゃんの事を思い出します。

一番印象に残っているのは靴だということです。

仏壇の前です。

良一はおばあちゃんこと富士子(渡辺美佐子)に

陽子(井上真央)を紹介しました。

「陽子です」

「あまり似ていないのね」

ぶ然とする陽子ですが、顔には出しません。

陽子は席をはずすと玄関に行きます。

紫色のヒールの着いた靴を見て、映画に出てくる
靴のようだと思う陽子。

ネットで似たような靴を探しましたが、ありませんでした・・・

これなんか、好みですが^^

父と自分の靴があまりにもみすぼらしいのでいったん
下駄箱に隠します。

でも、なぜか惨めたらしいのでもう一度出します。

父の靴を磨いたりして。

茂樹が息せき切って帰ってきました。

「陽子!凄い車が停まっているぞ。ハドソン社のカスタメイドという車だ!」

「うちなの。おばあさまの車よ、靴の泥を払って揃えてね」

次男の茂樹を紹介する良一。

「似てないのね」

二人とも田舎者だと言うおばあちゃん。

お祖父様は外遊中とのこと。ここに来ることを
認めないので、こっそり来たようです。

母紘子(原田知世)の葬式にも来なかったそうです。

「墓参りを。近くにあります」

「墓参りには行きたくありません」

紫の靴のスナップを止め、靴を履くおばあちゃん。

今夜は穂高に泊まるそうです。

「乗りますか。車に」

茂樹は、「いいえ、結構です」と断りました。

その日の夕食。いつものとおり良一は晩酌です。

「聞きたい事があったら聞けばいい」

陽一がいうと、茂樹が聞きます。

「おかあさんは幸せだったんですよね」

陽一は言います。

「安曇野に来て幸せだった」

自分たちでお婆さんに会って聞いてみてもいいぞという良一。

「自分の知っているお母さんだけでいいです」

そういう茂樹です。

翌日です。学校の帰り道。

本当は自分と同じ女学校時代の事を知りたかったという陽子。

学校で、育子に「会わなくていいの」と聞きます。

「もったいない」という陽子。

そこへ、例の黒い車が現れて停まり、おばあちゃんが出てきました。

「なぜ、訪ねてこないのかしら・・・」

そりゃあ、近寄り難い雰囲気ですからねえ。

>>楽天市場で訳ありのレディースパンプスを見てみる

 

春物がたくさんありました。

リヤカーに乗せて陽子を真知子の家から連れ帰った茂樹。

井戸水で顔を洗うと、陽子がたずねる。

「お母さんのお祖母ちゃんの事って何も知らないよね」

亡き母紘子の実家の事です。

「今日の事は、貸しだ。そのかわり、味方になってくれ」
「近いうち、重大発表する」

茂樹が予科練を受けたいと父に切り出す時に応援してくれと
いう意味だと、陽子は感づきました。

陽子が街を自転車で快走していると真知子と育子に会いました。

そこに、カゴを背負ったタケオがたまたま居合わせました。

「小学校の同級生よ」

タケオがたどたどしく挨拶するのですが、あっという間にみんな
いなくなってしまいました。

「遅刻じゃない?私たち」

学校へ急ぐ陽子たちの横を黒塗りの高級車がすれ違います。

見たこともない高級車。黒塗りのピカピカのクルマです。

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ シトロエン 11CV スタッフカー
>>楽天市場で「クラシックカー」についていろいろ調べてみる♪

その車は陽子たちとすれ違うと、止まりました。

「どんな人が乗っているんだろうね」

興味津々ですが、学校に遅れるのでその場を立ち去ります。

車の窓から顔を出す老婆は、桐野富士子(渡辺美佐子)です。
紘子の母親です。
陽子は思います。そういえば、母の事をあまり知らなかった。

夕食の時に父に訪ねようとしますが、なかなか切り出せません。

「あのー」

「どうした、何でも聞きなさい」

「あのー、仕事はいかがですか」

思ってもいないことを言ってしまいました。

良一(寺脇康文)は、得意になって語り始めます。

失敗したなあという顔の陽子。

陽子は川のそばに自転車を止め、母、紘子の事を思い出します。

「陽子はきっと美人さんになるわ。笑顔をわすれないでね」

家に帰ると、玄関に見慣れない靴がありました。

そして、仏壇の前には、手を合わせるお婆さんがいました。
「お前のお婆さんだ」

良一は陽子に説明します。
「まったく、こんなところで死ぬなんで馬鹿なことだわ」
桐野富士子(渡辺美佐子)は豪華な出で立ちで、怖い顔をして
陽子の顔を見つめます。

良一はいつも以上に背筋を伸ばし、緊張しています。

さて、このお祖母ちゃんは陽子にどんな影響を与えるのでしょうか。

その前に、いったい何者なのでしょうか?

さて、来週の予告は、このお祖母ちゃんと陽子の衝突に
なりそうですね。

渡辺美佐子さんの「赤い疑惑」のリメイクを田中好子さんが演じていたん
ですよね。

田中好子さんは、連ドラの「ちゅらさん」にも出演していました。
母親役がよかったです。
【25%OFF】[DVD] ちゅらさん2 DVD-BOX

【25%OFF】[DVD] ちゅらさん2 DVD-BOX
価格:11,104円(税込、送料別)


キャンディーズのCDが品薄らしいですが、映像で思い出したいスーちゃん。
楽天市場で、田中好子さんの関連商品を見てみる・・・・
キャンディーズ時代から、女優活動まで幅広く活躍した田中好子さん。

ご冥福をお祈りします。

Newer Entries »
ページ上部に