陽子の友達

陽子は春樹の本を机の上に出してたたずんでいます。

「心に太陽を持て」

春樹の本です。

心に太陽を持て (新潮文庫)
昔話を始めました。

陽子の陽の字が欲しかったという春樹。

長男としてでなく、ひとりの男としてあいつが好きだった。

須藤春樹という男を家族に持っていたことを誇りに思う。

めそめそするのは辞めよう。春樹には似合わない。

「はい」

小さな声で元気をだそうとする陽子。

丸山の家です。今夜の夕食はすいとんでしょうか。

徳子に心配されます。無理しなくていいんだよ、と。

元気を出す、陽子です。

徳子と道夫は、和成の事も心配します。

真知子の家に、陽子と育子が集まりました。

陽子は、春樹から預かった手紙を真知子に渡します。
あの春樹が「自分らしくないこと」と言って書いた手紙です。

戦地から帰らなかったら渡して欲しいという春樹の頼みでした。

「確かに受け取りました」

真知子は手紙を受け取って泣いてしまいます。

「泣いてごめんなさい」

「いいのよ真知子さんの心の中で春樹兄さんが生きていてくれれば」

育子は、見ていることがたまらず、自分たちは亡くなった人たちの
分まで長生きしようと声をかけます。

「裏切りはダメだよ」

陽子は確かに現代まで長生きしていますね。

真知子や育子はどうなっているのか興味津々です。

育子は無茶しそうですけど・・・

昭和20年8月 暑い夏です。

校長が職員室で先生達に向けて言いました。

「広島に新型爆弾が落ちて、町が全滅だそうです」

立ち上がる夏子先生。婚約者が住む町は広島です。

「嫌だ、嫌だ」

叫ぶ夏子先生を見て、立ち上がる陽子。

8月6日 ヒロシマ
¥1365
¥651
¥1733
¥1365
¥1365
¥1680
出演:陽子(井上真央),徳子(樋口可南子),陽子の現代(若尾文子)
良一(寺脇康文),春樹(田中圭),茂樹(永山絢斗),真知子(マイコ)
道夫(串田和美),夏子先生(伊藤歩)

「育子・・・」

「なんで、なんでこんなとこ来るのよ」

陽子も真知子も顔が真っ黒です。とくに陽子のほっぺは見事。

ベンチに座って、育子が空襲の様子を語ります。

瓦礫に埋まってしまって死ぬかと思った。罰が当たったと思った。
嘘をついた罰だと。

瓦礫の下から上原さんが助けてくれた。
私を助けて、ニコッと笑った。
そしたら、建物が崩れて来て・・・上原さんが下敷きになった。

死んじゃ嫌だ

真知子が聞きます。

「その方は?」

育子が答えます。

「死んだわ。あんな事してくれなければ死ななかったのに」
「私たち、恋をしたのよ。私の事を好きだと言ってくれた」

「私、どうしたらいい、どうしたらいいの」

泣きじゃくる育子に向かって、安曇野に帰るよ、引きずっても帰る
怒った顔で陽子が強く言いました。

ベッドの上で3人が抱きしめ合います。

真知子と育子と陽子は松本に帰りました。

陽子が真っ黒になって丸庵の前にたどり着くと、徳子が迎えます。

「よく帰ってきたねえ」

「怖かったあ」

徳子の胸で大泣きする陽子。

昭和20年4月

陽子は5年生を受け持つことに。持ち上がりです。

空襲で死なせない…避難訓練です。

育子が相馬家を訪ねています。陽子と真知子に報告です。

上原の両親から

「息子の分も倍生きてくれ」

そう言われて

「私は200歳くら生きるわ」

という育子。

育子は陽子や真知子といろんな話をしながら、安曇野で傷を癒して
いったそうです。

5月19日、その安曇野にも空襲が!

陽子は授業中でした。

窓ガラスが砕け散り、陽子の背中を襲いました。

生まれて初めて空を憎んだという陽子。太陽がある空を。

出演:陽子(井上真央)、真知子(マイコ)、育子(満島ひかり)
徳子(樋口可南子)、道夫(串田和美)、上原(高橋一生)
節子(白川由美)

 

さて、来週の予告が放送されました。

終戦を迎えます。陽子が何度もおかえりなさいと言います。

茂樹(永山絢斗)、春樹(田中圭)、そして良一(寺脇康文)の顔が
映りました。

そして、教室では「ごめんなさい、嘘を教えていました」と頭を下げる
場面がありました。

 

夏休み、安曇野に行こうと思っています♪

楽天トラベルで5000円以下の宿をみつけました。

おひさまの舞台を訪ねたいです。

陽子(井上真央)は校長に、両親を亡くした杏子(大出菜々子)と妹の
千津子(小西舞優:こにしまう)を預かりたいと言い出します。

校長先生の粋な計らいで許可が出ました。

夏子(伊藤歩)によると、校長の弟も空襲で亡くなったとの事です。
校長の後ろ姿に敬礼する陽子でした。

陽子は、杏子と千津子を連れて丸庵の前まで来ました。

丸庵の前では、配給のおばさんこと岩本安子(吉村美子)と節子
(白川由美)と徳子(樋口可南子)の3人がじゃれあって、井戸端会議
というか、漫才というか、騒いでいました。

陽子は徳子に子供たちを紹介します。

おばさんたちはかわいいねえと言って、取っ組み合いです。

丸庵の中に入ると、しばらくして、道夫(串田和美)が帰って来ました。

今日は帰りが早いのか、これが普通なのか、手土産に砂糖の袋を持って
います。

杏子たちに挨拶されると道夫は

「これで、ぜんざいでも作るか」

さっそく、外にいる節子や安子も呼ぶように徳子に言いました。

徳子は、杏子に

「そとにいるおばさんたちを呼んでおいで」

と言います。杏子はうなづいて外に行きました。
節子と安子に向かって杏子が言います。

「ぜんざい、食べますか」

「はい」

ふたつ返事の節子と安子。

丸庵には小豆は取ってあるようですね。
手に入れた砂糖でつくったぜんざい。
貴重なスイーツです。

茶の間には道夫、徳子、陽子のほか節子、安子
杏子、千津子がそろって、ぜんざいを食べました。

みんな笑顔です。甘いものが重宝される時代ですからね。

さて、夜になりました。

陽子の部屋に、杏子と千津子が寝ます。布団を2枚ならべ3人で。

杏子が陽子を見つめ、陽子は杏子を見つめます。

「どうして私のことを」

「好きだから。あなたの事が大好きだからよ」

同情の言葉ではなく、好きだからという言葉がとてもよいと
思いました。

杏子は、陽子にしがみついて泣いています。

横には千津子がすやすやと寝ています。
小西舞優ちゃん、ドラマにちょこちょこ出ていますがなんとも
可愛らしいです。

「けんかしちゃだめ」

安子と節子をしかりつける様子がかわいいです。

陽子が部屋で本を読んでいると、杏子は陽子の本をめくって
イラストを見つめ、こんな絵を描く人になりたいなといいます。

楽しい3日間。

杏子はお礼に、道夫、徳子、節子、安子たち4人の
似顔絵を描きます。

なかなか似ています。

出来上がると、真知子が飛び込んできました。

「育子(満島ひかり)さん、無事だって・・・」

喜ぶ陽子、そして育子の弟の一郎の姉の無事を知って
杏子も喜びます。

育子は野戦病院のようなところで、ベッドに横たわる若い男性の顔を
見つめていました。

育子の初恋・・・だそうです。

出演:井上真央,若尾文子,樋口可南子,伊藤歩,大出菜々子,満島ひかり,マイコ,串田和美,白川由美,吉川史樹,小西舞優

夕べは寝苦しい夜でした。

朝起きたら汗をかいていました。

窓をあけているとウチの場合は車の騒音がひどいのですが
エアコンはやめとこうと思って扇風機を使っています。

うちの扇風機、テレビを見ているとちょっと騒音が気になります。
そして、コードが短いので、思ったところから風を入れたい時に不便
です。

楽天市場で、静音、送風、充電という商品を見つけました。
しかもコレはLED付き。

寝室にも使えそうです。タイマーは・・・

探せば、節電便利グッズがあるものですね。

楽天市場で、充電式の扇風機でタイマー付きを探してみました>>

ひとり一台扇風機。会社にも欲しいなあ。

 

« Older Entries
ページ上部に