スタジオパークからこんにちは

スタジオパークからこんにちはに、高良健吾が出演しましたね。

録画して見たんですが、ベレー帽を被って登場です。
昨日の井上真央の番組は見ていなかったそうです。

「コウちゃん、頑張って!」というメッセージが高良健吾に届いたそうです。

井上真央に「コウちゃん」と呼ばれているそうですね。

高良健吾さん、ドラマではすんごく落ち着いているんですが
こういう番組では、そわそわして落ち着きが無いように見えました。

道夫、陽子、徳子からメッセージがありました。

串田和美さんは、また一緒に飲みに行きましょう!というメッセージ。

高良健吾が語る樋口可南子と井上真央。

樋口可南子さんの事は嘘のツケない相手、井上真央さんの事は
落ち着ける相手と答えていました。

17歳でデビュー、「ごくせん」に出ていました。坊主を剃り上げた不良の役です。

役者としての相談は江本一家だそうです。江本兄弟に緊張することを
相談したら、役者は緊張するのが当たり前と言われて吹っ切れたそうです。

映画「軽蔑」での演技が放送されました。




軽蔑での役も「カズ」という名前なんですね。私は観ていないので、ぜひ観てみたいです。

学生時代の友人の証言もありましたよ。テニスがめちゃくちゃ上手くて、プロになれる
腕前だったか、オシャレだったとか、「高良、こうちゃん、けんごー」と呼ばれていました。

高良健吾がますます好きになりました。

昨日、9月5日にNHKで午後からやっているスタジオパークからこんにちは
に出演していました。

仕事で見られないので、しっかり録画しちゃいました。

井上真央のクランクアップが先月末だったんですね。
スタッフのみんなが泣かそうとして、うるうる来ちゃったそうです。

撮影が始まって、しばらくして震災があって続けられるか心配だったそうです。
そして、自分自身も毎日の撮影を休めないのですごいプレッシャーだったそうです。

連ドラの主演ってそういうプレッシャーがあるんですね。

八日目の蝉と撮影がダブったので、八日目の蝉の暗-い役を引っ張って
おひさまの陽子役を演じた最初の頃を見ると嫌だと言っていました。

井上真央ちゃんの2歳の頃の写真から、子役時代の写真が紹介されました。
小さいころとあまり顔が変わっていないかも。

花より男子のシーンを振り返り、18歳のフレッシュな演技が放送されました。
個人的には、キッズ・ウォーの演技が好きだったんですけどね。

満島ひかり、マイコとの白紙同盟の話になったんですが、最初はそれぞれ
個性の強い3人が壁を作っていたようですが、次第にほぐれて、最後は
代官山付近を3人で練り歩くという事もあったようです。

満島ひかりは井上真央からもらったパンダのぬいぐるみを持っていました。
今、ノリノリの満島ひかりと井上真央はバチバチ火花だったかもしれませんね。
でも、今はお互いにメールで連絡を取り合う仲だそうです。

脚本の岡田惠和さんとは以前からの知り合いだったようです。
井上真央の個性を引き出そうという演出がたっぷりですね。
アドリブのようでじつは台本に細かく書いてあったりします。

台本を見ると「・・・・・・」ばかりでビックリです。

和成にプロポーズして、そのまま寝こんでしまい、あくる日起きる場面では

「え・・・」「・・・え」「・・え・・・」「え・・・!」

という台本、それでも、演技してしまう井上真央に拍手。

徳子役の、樋口可南子さんも井上真央の演技をべた褒め。撮影現場でも
おひさまそのものだったそうです。

今や若手代表女優となった井上真央ちゃん。
あどけなさを無くさないで欲しいですね。




明治大学文学部卒業の記念写真で∨サインをしていた井上真央ちゃん。
やることはやるんですね。学校が好きとも言っていました。

おひさまの最終回を見たら私もウルウルしちゃいそうです。

ページ上部に