夏川ユキ

日向子が2階に寝かされています。
すやすやと寝ている日向子。
お医者さんに右腕に包帯を巻かれて手当をしてもらいました。

陽子は茫然自失。

陽子 「どうしよう、どうしよう私・・・」

和成 「大丈夫、大丈夫だから、陽子」

和成が陽子を慰めますが、陽子は泣きながらあの時に戻りたいとつぶやきます。

陽子はぼうっとしながら台所に行きました。
そして、鍋に水を張り、グラグラと煮立てています。

日向子が手伝いをする時に、鍋をどけてあげればこんなことにならなかったのに。

そう思いながら、陽子は右手を鍋に入れようとします。
その寸前に和成に止められました。

和成 「何をするんだ、今やれることは日向子が少しでも
    良くなるように願うことじゃないか」

和成は自分が小さい頃に包丁で怪我をした話を言います。
後ろで徳子が聞いています。

徳子は怪我をしたときにずっとそばにいてくれた。
悲しい顔をしないでくれた。

翌日、テラスで杏子と日向子が遊んでいます。
日向子の手には包帯が巻かれています。

陽子は笑顔になれません。でも、日向子が駆け寄ってきて大丈夫と言って、陽子を励まします。

そこへ真知子が遊びにやってきました。
真知子は、妊娠の知らせに来たようです。旦那さんよりも先に知らせに来たそうです。

陽子は真知子に向かって先輩風を吹かせます。
大変なことがイッパイあるけど、幸せもイッパイあると。
そう言って、真知子のお腹をなでました。

昭和28年春になりました。

陽子の打った蕎麦がようやく店に出るようになりました。
百白花では3年ぐらい修行したことになるでしょうか。

日向子は6歳になりました。曽我美月ちゃんです。
テキパキと注文をとっています。

ユキが蕎麦を食べにきました。
陽子の打った蕎麦を褒めます。

そして、相馬剛三と良一もやって来ました。
真知子の子供、つまり、孫の話です。

最新式?の自転車を買ってやったけれど突っ返されたと笑っています

そして、町長選の2期目の話をします。トンデモない対立候補が出てきた、なんと女のくせにと話しはじめます。

そのとんでもないヤツとは、なんと夏川ユキでした。

ユキ 「それは私です。私は安曇野を変えます!」

ユキのパワーはとどまることを知りませんね。実業家であり政治家を目指す。昭和28年頃にはこういう動きがあったんでしょうね。

日向子は良一に向かって「おじいちゃん」と言います。
6歳の日向子は元気イッパイでかわいいです。
でも、明日で最終回なんですよね。

カヨが走って百白花に駆け込んできました。
風呂敷包みを持ってきました。
中身は、真っ赤なランドセルです。

6歳の日向子は真っ赤なランドセルを背負って大はしゃぎです。
いよいよ小学生なんですね。




安曇野のおばあちゃんこと、村上堂のカヨも目をうるませながら喜んでいます。

赤ちゃんの頃、陽子が学校の先生をしていた頃、村上堂に預かったもらったんですよね、みんなの手で大きくなった日向子。

日向子がおひさまの主人公なのかもしれませんね。

最終回へ続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,寺脇康文,樋口可南子
   串田和美,井上琳水,平泉成,金澤美穂,マイコ,平泉成
   渡辺えり,橋本真実,曽我美月

明日で最終回ですね、おひさま。

震災後は、戦時中のシーンから立ち直る様子を見て元気をもらいました。
明日の放送は、きっと入学式に全員が集まるというストーリーのようです。

でも、現代の房子の目の前にある人が現れるというので、サプライズがあると思います。

絶対見ます。

で、見たあとに実は、友人たちとハイキングに行く予定なんです。
車で途中まで言って、低い山ですが、ちょっと登ってお弁当を食べる計画です。

服をいろいろと探しているんですけど、山ガールじゃない私はあまり服を持っていません。




山スカートってあるんですね。

★楽天市場「アウトドア レディースファッション」★

山ガールをめざそうかな♫

赤い三角屋根の家の前に立つ丸山家のみんな。

道夫 「ここでかい・・・・・」

和成 「どうかいね」

道夫はちょっと戸惑っている様子です。和成は目が輝いています。
須藤家に戻って、相談する4人、徳子、道夫、陽子、和成。

和成 「あの家の近くで畑が手にはいりそうなんだ。蕎麦にはぴったりだ、どうだい」

徳子 「なるほどねえ」

道夫 「なるほどなあ」

徳子 「いいんじゃないかい」

道夫 「いいんじゃないの」

徳子 「面白いんじゃないかい」

和成と陽子は喜んでいいのかどうかわかりません。

徳子 「あれだろ、ふたりで話しあって決めたんだろ」

道夫 「驚いたねえ、ところで、あれかい、あそこで蕎麦屋は繁盛するのかい」

繁盛させるんだよ、と徳子が言います。道夫は持ち主のことを心配します。

陽子が、持ち主はタケオの知り合いで、陽子の知り合いでもあると言います。
そして、たぶん、真知子の父、相馬剛三だろうということになりました。

徳子 「がんばるんだよ」

4人で目標が決まりましたね。
そして、あの家の持ち主が来ることになりました。

タケオが案内人です。タケオの父も一緒です。
宮本家はあの家に住んでいた外人さんに野菜を届けていたそうです。

茂樹が、あの家に子供の頃にあの家に忍び込んだことを話し始めました。

茂樹 「こどもみたいに小さな体で、うううっとうめき声を上げていた」

え、えの家に幽霊が?

タケオ「それは、うちの婆ちゃんだいね。生きてた頃、昔は掃除をしにあの家にいってたんだいね」

それを聞いて、みんな、ホッと胸を撫で下ろしました。
陽子は、家の持ち主をタケオに聞きますが、タケオはじらします。

須藤家に来た持ち主とは、なんとユキちゃんでした。

ユキが家の持ち主とは、一体どういうことでしょうか。
和成がユキに家を求めたいという目的を説明しました。

ひととおり話を聞いて、ユキが話しをはじめました。

ユキ 「安曇野では貧しい思い出しかなかったけれど、あの家が生まれ変わるのなら嬉しいです。
    お譲りします」

礼を言う和成、ユキは陽子のおかげでここまで来れたと言います。
思い出す運動会のシーン、懐かしいですね。

ユキは条件を出しました。自分の商店にも蕎麦を仕入れさせて欲しいということです。
さらにもうひとつ。松本の丸庵の跡地を買わせて欲しいと言います。

立地条件は抜群なので、店を出せば流行ると言うことです。
ユキは地上げ屋もやっているんでしょうか。不動産も得意そうです。

最後の条件。それは、いいお店にして下さいということでした。

和成 「わかりました」

和成と陽子が頭を下げます。

そして、あの小川のほとりの洋館の中に、陽子とユキがいます。
ユキは、小さな頃、この家に住みたかったと言います。

その家に陽子が住んでくれることはありがたいと言います。

窓を開けて、外を見る陽子とユキ。

ユキ 「この景色を見ながらお蕎麦を食べるというのはどうかしら」

陽子 「さすがユキちゃん!!!!」

この家を買うために借金ができたけど、一家で頑張れると思った
そう、現代の陽子が言います。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文,永山絢斗,金澤美穂
井上琳水,柄本時生,村松利史,橋本真実

さて、来週の予告です。

丸山家のみんなが、なにか書いた紙を手にしています。その文字は

「百白花」

ひゃくびゃっか、と読むようです。日向子ちゃんが
「ひゃくびゃっかでーす」と言っていました。きっと、お店の名前でしょうね。

育子が街頭演説中に警察に捕まってしまいました。そして、拘置所に。
育子は謝らないようです。

そして、謎の女性と和成。
道夫の声で「いつの間にか、同情から情に移って・・・

浮気でしょうか。
陽子が泣いていました。でも最後は電話で「大好き」と笑顔に。

来週も楽しみですね。

しかし、今週は暑さが戻ってきて大変でした。夕べは職場のみんなとビアホールに行きました。
楽しかったです。

今、流行のおつまみって知ってますか。
なんと、生サラミだそうです。

 



【楽天市場】★金賞受賞★[セミハード生サラミ

これはビールにあいそうですね。

楽天市場で、生サラミの値段や販売店をいろいろ見てみる♪

 

イベリコ豚使用というものもありましたね。食べたい!

こんなブログを見つけました。>>

宅のみ家のみグッズ紹介

ワインサーバーというのもあるんですね。

田中ユキさんです、と紹介する陽子。
でも結婚してるので・・・

ユキ 「夏川ユキです。夏だか冬だかわかんない名前になっちゃいました」

ユキは、グリーンのワンピースを来てとても見栄えがします。橋本真実さんです。

杏子と日向子もユキに挨拶をしました。

ユキがきっかけで先生になったという陽子。

あの日、リヤカーの後ろに乗せられて売られて行ったユキ。
奉公先で勉強をし続けたユキ。
ノートを送り続けた陽子。

お店が大好きというユキです。

二階でお茶をする陽子とユキ。

奉公先でいい人に出会い、何でもある店を開きたいというユキ。
写真を見せます。

食料・雑貨「なつかわ」

ユキ 「神戸の店は人にあずけることにして、安曇野に店を出すことに
したの」

陽子は大喜びです。ユキは「なつかわ」の社長の名刺を陽子に差し出し
ました。

ユキちゃん、すごいです。

ユキの言葉「お店が好き。だっていつでも戸が開いているから」
陽子が振り返ります。

陽子と和成は久しぶりに須藤の家を訪ねました。
陽子がいないので、良一も茂樹もがっかりしています。

良一はぬいぐるみを背中に隠していました。

和成は丸庵のオリジナルお菓子を作って良一と茂樹に味見をして
もらいました。

うまい、うまいと褒められました。

良一は、ぬいぐるみを陽子へ渡して、日向子に渡して欲しいと言います。
良一は、安曇野にできたおもちゃ屋の常連らしいです。

安曇野に雑貨屋が出来るという良一。それは、ユキの店です。
茂樹も感心しました。でも、医者の試験の事を聞かれるとキレが悪いです。

丸庵

陽子は、ユキの言葉を思い出しました。「店が好き。戸が開いているから」
そこへ、節子と安子が入って来ました。

笑う陽子。節子と安子はなんで笑われているのか不思議です。

ユキも戻ってきて、陽子の周りには人がたくさん集まり始めましたね。

続く…

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
白川由美,吉村実子,金澤美穂,寺脇康文,永山絢斗,橋本真実

先日通販で注文したお米が届きました。



10キロのお米で送料無料は嬉しいです。
スーパーから買って帰るのはしんどいですからね。
北海道のお米で「きらら397」22年米にしました。理由は、牛丼チェーンで
使われているらしいという情報です。

ひとりでは食べ切れないので
友達に分けてあげようと思って部屋に来てもらいました。

お米の袋のデザインが、グッドデザイン賞なんて、オシャレですよね。

このショップは、お米くらぶといいます。とても気に入りました。

また、このお店から違う銘柄を買おうと思います。

ページ上部に