感想

和成 「正直言うとさ、仕事が面白いんだ。器つくるのが。
だで、夢中になっちまった。
うちの店で使う器を自分で作れればいいなと思って夢中になっちまった。
悪かった」

和成は、陽子に向かって必死に説明を続けます。
焼き物を焼くのに夢中になってしまった和成。
陽子がこれを聞いて、安心するのかなあと思っていると・・・

和成 「怒んなよ」
陽子 「怒ってません。勝手にしゃべっているだけでしょ」

和成 「大変だったろ、ここまでくるのに」

陽子は和成に散らかっているモノを投げつけました。

和成 「俺のことがしんじられねえのか」
陽子 「信じるとか信じないは、私が決めることです」
和成 「屁理屈いうな」

和成 「家族を捨てるとでも思ったのかよ」
陽子 「そんな事をする人じゃないと思ってます。でも、私たちは夫婦です。
男と女という意味で言ったら、私以外の女を好きにならないかという
自信はありません。
ここに来たのは、妻として来ました。
ヤキモチも焼くし・・・私だって女です・・・何言ってんだろ私」

和成は、話しを聞いてにやけています。

和成 「幸せだなあ俺は、こんなに思われて・・・」

のんきな和成です。

和成 「陽子、一緒に帰ろうか」
陽子 「いやですそんなの。まるで連れ戻しに来たみたいです。
いいですよ、お仕事が切りがつくまで、ここに居ていいです」
和成 「ありがとう、がんばるよ」

ふたりに笑顔が戻りました。
和成は仕事を見ていかないかといいます。

陽子 「あ、さっき屁理屈言うなって言いましたよね。私もわかりませんよ。
私が浮気するかも知れないですよ。ステキな人と」
和成 「誰?・・・・だから誰?」
陽子 「ハンフリー・ボガードとか・・・」



当時は、ハンフリー・ボガードが人気だったんでしょうね。渋いです。

和成は陽子の冗談に大笑いし、夫婦ゲンカがこれでおしまいって感じです。

多治見に和成をおいて、陽子は安曇野に帰りました。
安曇野に帰ると、育子が来ていました。育子は先日のお礼をしに来たと言います。

白紙同盟の会議の前に、陽子は多治見の一件を徳子に話します。

陽子 「行ってよかったわ」
徳子 「行かなかったらどうにかなっちまったのかい」
陽子 「そうではなくて・・・」

陽子は、多治見に行って、和成との絆がより深まったと感じたようです。

さて、白紙同盟の会議。
真知子の旦那さんは出張でいないそうです。

陽子 「今日、うちに泊まらない?」
育子 「それ、ステキ!」

陽子は、話したいことがイッパイ!です。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,井上琳水,金澤美穂

気になるCMがあります。
それは、リーボックのイージートーンのCMです。




トーニングシューズっトレーニングシューズとは違うんですね。

こんなブログを見つけました。
⇒ トーニングシューズ 比較サイト

リーボックだけじゃないんですね。

多治見の戦友のもとへ行った和成。
その和成からハガキが来ました。

戦友の重森さんが亡くなったそうです。
その奥さんの面倒を見るためなのか、しばらく多治見にいるとの
ことでした。

陽子は肩を落として寂しそうにしています。
徳子も道夫も実は、和成が情にほだされてしまうんじゃないかと
心配しています。

そんな時、ハガキが届きました。
和成ではなく、松本の画家からの連絡でした。

杏子に絵を習わせてあげようと陽子が奔走していたようです。
杏子は、自分がここに住まわせてもらっているだけでも幸せなのに
ありがたくて恐縮しています。

おまけに、絵を習うようになった時のために用意していた
油絵の具のセットを陽子は杏子へプレゼントしました。




陽子にとって、日向子の姉、つまり娘とも言える杏子です。
なかなか出来ることではありませんね。

夜になりました。2階の寝室にいる陽子はどうも寝付きが
悪いようです。

思い切って寝るのをやめようと下に降りてきて、蕎麦打ちの
修行を始めました。

ひとりで蕎麦をこねていると、ふと、和成の声を思い出して
しまいました。

和成はどうしているのでしょうか。

陽子は昼は百白花で働き、夜は陽子の教室の授業で働いて、空いている時は
掃除や帳簿つけをして、気を紛らわせていました。

一体、どのくらいの時が経っているのでしょうか。
あのハガキ以来、連絡が途絶えてしまったそうです。

見送った時のあの胸騒ぎは、こういう事の予兆だったのでしょうか。

ある日の朝食です。和成はいません。
杏子の絵画教室が今日から始まるそうです。

杏子は道具を持って、みんなに見送られて百白花を出て行きました。

郵便がとどきました、封筒が2通。1通は和成からです。
多治見にて、丸山和成 と後ろに書いてありました。

さて、どんな内容なのでしょうか。

続く・・・

番組で、杏子が泣いているシーンがありましたね。決まって日向子が
「お腹いたいの?」
と聞いていました。

陽子は「日向子と違って食べ過ぎてお腹がいたくなったりしないのよ」
と言っていましたが、日向子は食いしん坊さんなんでしょうか。
最終回まで井上琳水ちゃんなんしょうか。大きくなったひなちゃんも
見てみたいです。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,井上琳水,
金澤美穂

和成が行った多治見。
多治見と言えば、美濃焼でしょうか。
見つけちゃいました。

【61%OFF】とってもかわいい☆フルーツボウル☆【洋食器・白い食器・A級品・多治見美濃焼】

意外と多治見美濃焼きってお手頃なんですね。白い食器が好きなのでいろいろと
見てみようと思います。

サイトをいろいろ見ていたら、アラビア食器を紹介しているところが
ありました。⇒北欧食器のアラビア食器通販

かもめ食堂の食器も大好きだったんですけど、アラビアはちょっと高いかなあ。
でも、欲しい。

和成はハガキを読んで暗い顔をしています。
陽子はそれを見て心配そうです。

和成は、ハガキをテーブルに置いて説明しました。
徳子、道夫、陽子がじっと聞き入ります。
ハガキにはびっしりと細かい字がならんでいます。

和成の戦友で、一緒に生き残った仲間からのハガキだったそうです。
岐阜の多治見、重森という人物らしいです。
窯を持っていて、焼き物屋。

いつかは、丸庵の器を焼いてやると言っていたそうです。

結婚して、1年で招集、嫁と息子を残して出征。
嫁の歳は陽子と一緒らしいです。

その重森が、肺病で長くないとの事です。
夢は、息子と自分の焼いた猪口(ちょこ)で酒を飲むことらしいです。

生きているうちに和成に会いたい

そうハガキに書いてあったそうです。

和成 「いいかいね、行ってもいいかいね」

徳子 「行っといで」

道夫 「どれくらいかかるかいね」

和成 「半日かな」

陽子 「そんなに!」

陽子は東京に行って来たばかりですが、安曇野と東京だって遠いですよね。
多治見はもっと遠いですけど。

切符の手配をする徳子。

ふたりの部屋

旅の準備をする和成。
陽子に写真を持って行ってもいいかと訪ねます。

和成 「たまんねえなあ、たまんねえよ」

陽子 「奥様もお辛いでしょうね、カズさん、大丈夫ですか?」

和成 「大丈夫だ」

ベッドには杏子と日向子が寝ています。
寝顔を見る和成。

早朝、陽子がおにぎりを握っています。
茶色いご飯で握っています。和成のお弁当ですね。

おにぎりが2個。野菜の煮物、玉子焼き。おいしそうです。

出かける和成はベッドで寝る日向子と杏子に行ってくるとささやきます。
家族に見送られ、陽子から弁当を受け取って送り出します。

陽子は、なんだか和成が遠くに行ってしまうようで怖かったそうです。
和成の後を追いかけて、駅まで送ることにしました。

さて、多治見ではどんなことが待っているのでしょうか。

続く・・・

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,井上琳水,金澤美穂
   石橋杏奈,土屋太鳳

今朝のテレビネタ

KARAの妹分というRAINBOWをよく見かけますね。
ヒップダンスに対抗して、おへそを見せるという売りのようです。

妹?でも歳は22歳とかいっているし、KARAはギュリだけ歳がいってますが
若い子は同じぐらい?

RAINBOW「A」(エー)リリース


RAINBOW/A(エー)[CD][2枚組][初回出荷限定盤


RAINBOWの紹介文より・・・

“KARAの妹”として注目の7人組ガールズ・グループの日本デビュー・シングル。
Tシャツを脱ぐポーズをする“おへそダンス”で話題となった「A」は、韓国では
セクシーすぎるという理由から放送禁止となった注目作だ。
「ゴシップガール」をカップリング。

放送禁止?!日本はいいの? 昔、ハセキョウがおへそを出していましたけど・・・

でも、足が長いですよね。KARAとか少女時代とか、女の子たちの顔やヘアスタイルも
似てますよね。

« Older Entries Newer Entries »
ページ上部に