丸庵

安曇野の小川のほとり

和成と陽子があいあい傘です。
ユキが言っていたお店の話をする和成。久々のふたりきりです。
和成はアメリカの映画の真似をしたいと言います。

何をするんでしょうか・・・

肩を抱き寄せる和成・・・やっぱり似合わないと言ってやめます。
その代わり、陽子が和成と腕を組みます。ラブラブですね。

丸庵の和室で洋裁教室です。
女学校時代の裁縫の先生、生徒はタケオの嫁、村上堂のかよ、真知子たち。

旦那たちは食堂のテーブルでなにやら話をしています。
女性は強いという話です。真知子が怖いという旦那。怒ると敬語になる
らしいです。

先生に叱られる陽子。口ばっかりじゃなく、手を動かせとしかれます。
頬をふくらませて怒る陽子。ほっぺを押されてブッて音がでました。
日向子も真似をします。

一方、男たちは腕相撲合戦です。楽しそうです。

ずっとこうだといいなあ・・・・でも、でもねえ・・・

ある日の夜の事です。

遠くでサイレンの音がします。

和成 「遠いけど、ちょっくら様子を見てくる」

半鐘の音、サイレンの音が鳴っています。
道夫、徳子も心配顔です。

節子もやって来ました。
2階から火事の様子を見る徳子と陽子。

和成が帰ってきました。

和成 「火事は遠いけど、風がとても強くなっている。大事な物を持って
逃げよう。おちついて。節子おばちゃんも!」

寝ている日向子を起こし、杏子にも荷物をもたせ、陽子はリュックを
持って、店を後にしました。

道夫と和成は後で戻ってくると言います。

外へ出て、丸庵の建物を見上げる丸山家の人々。
それが、丸庵を見た最後の時だったそうです。

丸庵での出来事が走馬灯のように駆け巡ります。
和成との出会い、結婚式、出征、蕎麦屋の再開・・・

丸庵は焼けてしまった・・・

出演:井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,井上琳水
金澤美穂,石橋杏奈,土屋太鳳,白川由美,マイコ,中村竜
柄本時生,安藤サクラ,渡辺えり,斉木しげる,梅沢昌代

昨日は都内で防災の日だったんですが、今日のおひさまは火事でした。
逃げるシーンばかりの昨日、今日。

今朝のZIPでは、女性が大きいバッグを持つようになったという特集が
ありました。防災意識からいろいろ持ち歩くようになったそうです。

その重さは3キロから5キロ。トートバッグタイプが多かったです。

何でも入るバッグは便利ですけど、携帯を探すのが大変だとか。
ストラップを大きいぬいぐるみにして、見つけやすくして工夫している
ようです。面白いですね。

キッドソンのトートを見つけました。




 

普段遣いのラージサイズのバッグもオシャレじゃないとね。

>>大きめのトートバッグ(レディース)を楽天市場で見てみる

助役こと、つまみ枝豆が食材を山のように
丸庵に届けました。

食堂には、蕎麦粉の他に、野菜と鶏肉もあります。

「あるところにはあるもんだねえ」

「絶対にお上のことは信じられないね」

徳子が助役をにらみます。

「残りはいただいてもいいよねえ、失敗したら
助役さんの将来にも響くんだろう」

助役は徳子に返す言葉がありません。

厨房に食材を運び、うれしそうに粉をこねる道夫と和成。

徳子と陽子がふたりを見守ります。

道夫が陽子に、外人は鶏を食べるかい?と聞きます。
陽子は、チキンは好きだと思うと言います。

蕎麦に鶏肉を乗せようというアイディアです。
鴨南蛮そばですね。

道夫が鶏肉を食堂から厨房に持って来ました。
鶏肉一羽分を手で握って吊るして歩いてくると
厨房の敷居につまずいて転んでしまいました。

左腕を痛めた道夫。痛みをこらえながら蕎麦を打とうと
しますが、うまく生地を伸ばせません。

徳子 「お父ちゃん、医者に行ってみてもらって!」

道夫は医者にいったのか、胸元から絆創膏のような
ものが見えます。

徳子が起用に蕎麦をうちます。

和成 「俺よりうまいんだ、母さんは」

徳子が蕎麦を打つシーンはこれまで一度もなかったのですが
樋口可南子さんは見事な麺打ちを見せてくれました。

麺打ち棒をさばきながら、話をする徳子ですが、相当練習した
のでしょうね。

ドラマでは、陽子は私もお母さんのようになれますか?と聞いたら
もちろんと言われて喜んでいました。

陽子は徳子が蕎麦を打つ姿を見て、丸山家に嫁いで良かったと
つくづく思ったそうです。

さて、いよいよ進駐軍の男たちがやって来ました。
4人です。役所の人たちも4人ついてきました。助役の
つまみ枝豆さんもいます。

店に入って珍しそうに眺める進駐軍の男たち。

4人前の蕎麦を作る道夫は、最後の仕上げに鶏肉を乗せました。
和成が、勝負に絶対勝つと言います。

誰が運ぶのかなあと思って見ていると、いつの間にか次の
場面では、蕎麦がテーブルに並んでいました。

助役のつまみ枝豆が「さあどうぞ」と言います。

箸を使えないので、フォークを使って蕎麦をたべる男たち。

テイスト イズ グッド、オイシイという言葉が聞こえます。

丼をつかんでつゆも飲んでいます。

その様子を見て、勝ったと喜ぶ丸山家の4人です。
役所の人たちも喜んでいます。

ですが、半分以上残して、スプーンを置いてしまいました。
そして、テーブルを移動して、なにかおしゃべりを始めました。

和成は、テーブルに食べ残された丼を持って厨房に戻りました。
残った蕎麦を見て、怒りの顔になる和成。

進駐軍の男達の前に丼を差し出して、もう食べないのかと言う和成。
でも、相手にされません。

厨房にもどると、進駐軍の男が和成に来いと呼びに来ます。
勝負しようという事らしいです。

男たちは、腕相撲・・・英語でなんて言うんでしょうね。
アームレスリング?でしょうか。

進駐軍対和成の腕相撲が始まりました。

和成が劣勢です。陽子たちが声を出さずに応援しています。
和成が盛り返しました。そして、和成の勝利!

勝ったと喜ぶ丸山家の人たち。
進駐軍の男は、負けたにもかかわらず、グッドジョブと言って
和成に握手を求めました。

とまどう和成の腕をとり、握手をする和成。
あとで、この時、戦争に負けた分をちょっと取り戻せたと言った
らしいです。

二階の部屋

日向子の役が変わったんですね。クビが座ってから2度ほど変わったかも
知れませんね。前は髪がつんつんたっていました。

とてもおとなしい日向子。

陽子があやしていると、和成が風呂から上がってきました。
このパターン多いです。

陽子は、和成の嫁になって良かった、お嫁さんにしてくれてありがとうと
いいます。

和成は、こちらこそと言います。

ラブラブのふたり。

腕相撲で筋肉痛になったのか、日向子を上手くだけません。

和成を見つめてニコニコする陽子と日向子でした。

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美
つまみ枝豆,白川由美

お盆で帰省したんですが、ご飯をたくさん炊いて残っちゃったん
ですよね。

そうしたら、ガリレオヒット脳研でランキングしていた真空おひつを
出してきたんです。

熱いご飯をおひつに移して、ポンプを取り付けて空気を抜くんですが
何十回もポンピングするんですね。青いマークが出てきたらOK。

番組では2日ぐらい持つということでしたが、2日もてば全然OKです。
あら熱を飛ばして、ラップをしたり、タッパーにいれて冷蔵庫や
冷凍庫にいれて保存するよりも、全然手軽です。

これ、ランチにお弁当として持って行きたいんですけど、大きいです
よね。

陽子の部屋

ケイコ(石橋杏奈)とハナ(土屋太凰)のふたりの生徒たちと
話す陽子。

ハナの足は曲がっています。進駐軍のジープに引かれたんだそうです。
そんなハンデをものともせず、勉強したいというハナ。

そんなハナに、勉強の基礎と言って、本を読ませることにします。
陽子の本を貸し出すのです。

陽子図書館です。
本を選ぶケイコとハナの目はキラキラと輝いています。

陽子は経理の仕事に出かけました。
相変わらず、職員たちは無愛想です。
陽子は後ろに寝かせている日向子の顔を見て、ニコニコしています。

針のむしろだったとういう陽子。

陽子が呼び出されました。

日向子を事務所に置いてでていく陽子。

日向子がニコニコしながら、おもちゃを床に落としてしまいました。

紺野まひるは、ひろってあげようとします。
そこへ、陽子が戻って来て、慌てて座り直す紺野まひる。

丸庵に、つまみ枝豆が来て、何かお願いしています。

助役だそうです。蕎麦粉を調達するから蕎麦を打って欲しいと
道夫に頼んでいます。進駐軍の命令だそうです。

頭を下げ続ける助役のつまみ枝豆。

和成は進駐軍を受け入れることは苦手です、そんな和成が
決心しました。

和成 「進駐軍にgoodTasteと言わせたら、こっちの勝ちだ」

役所にいい蕎麦といい材料が手に入ることを条件にOKを出しました。

 

 

出演:井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,紺野まひる,石橋杏奈,土屋太凰
つまみ枝豆

 

 

« Older Entries
ページ上部に